• 製品案内
  • 受託解析・開発
  • 実績・事例
  • セミナー
  • サポート
  • 資料ダウンロード
  • お問い合わせ

計測ベースモデリング

計測データからCAD形状を作る必要はありますか?

計測データ活用の広がり

非接触の三次元計測器が高機能化し、かつ安価に利用可能となりました。それにともない、リバースエンジニアリングや、製品の製造誤差の確認、受入検査や品質保証などの用途で計測データを活用することも増えてきました。

CADを用いて設計を行うという従来のやり方がなくなることはありませんが、計測データを活用する、という視点でみると、必ずしもCAD形状を作成する必要がない場合も増えてきています。

計測データからCAD形状を作る際の課題

三次元計測器の性能が向上したことにより、計測データの品質も向上しましたが、それでもノイズはあり、誤差が存在し、鋭角部がガタガタになるなど問題も存在します。ワーク自身がゆがんだりたわんだり、また、そもそもきれいに計測できない箇所があるなど、計測自体の課題も残ります。分割して計測しそれらを結合する際の課題もあります。

また、計測データ自体がきれいでも、自動で面を貼り、CAD形状を作成するのは一苦労です。うまくいかない場合は、手作業での修正も必要となります。

CAD化の課題をクリアする計測ベースモデリングとは?

弊社は、計測データから解析を行う場合には、必ずしも精密なCAD形状を作成する必要はないと考えております。

弊社の考える計測ベースモデリングでは、解析を目的とされる場合に限り、CAD形状と解析モデル(解析形状、解析メッシュ)は別のものという考えの元、計測データからCAD形状を作らずに解析モデルを作成することをご提案しています。

弊社のご提案を7ページほどの資料にまとめました。
以下のページよりダウンロードしてご確認ください。

関連資料ダウンロード