• 製品案内
  • 受託解析・開発
  • 実績・事例
  • セミナー
  • サポート
  • 資料ダウンロード
  • お問い合わせ

 ①多極子音

検証例① 双極子状に振動する球面からの放射音予測

双極子状に振動する球面が作る放射音場の音圧時系列を、遠方観測点において理論値と比較したところ、
理論解とほぼ一致する結果が得られました(2008年流力騒音シンポジウム )。
解析条件:波長=直径、観測点位置(θ=φ=45°方向に表面から直径の10倍離れた点)

acoustic1-1.png acoustic1-2.png
Snapshot of dipole-like velocity distribution of a sphere with a finite radius Pressure history at an observation point

各音源からの放射音予測

クリックするとムービーが再生されます

  モノポール音源   ダイポール音源    四重極音源
velocity velocity1.png velocity2.png velocity4.png
velocity
  &
pressure
velpre1.png velpre2.png velpre4.png
  モノポール音場   ダイポール音場    四重極音場
velocity example1-v_1.png example1-v_4.png
velocity
  &
pressure
example1-vp_1.png example1-vp_2.png example1-vp_4.png
velocity
  &
pressure
example1-vp2_1.png

お問い合わせ

関連資料ダウンロード

  • 技術報告1のPDF技術報告1

    「風車音関連技術の現状と将来予測」(pdf形式、9ページ)