• 製品案内
  • 受託解析・開発
  • 実績・事例
  • セミナー
  • サポート
  • 資料ダウンロード
  • お問い合わせ

手法トップ

音圧は圧力擾乱の一部ですので、原理的には、流体方程式系を高精度に解くことで、圧力解から抽出することが可能です(直接解法)。ただし、音圧の大きさが大気圧に比べて通常はケタ違いに小さいことを利用して、流体方程式系を音源を見出す部分と音波の伝搬を導く部分とに分離し、両者を別々に解く分離解法が主流です。どちらを選ぶかは、解析対象や計算資源などによって決まります。

■直接解法  流体方程式系を直接解きます。FluentやOPENFOAM等を用いて実施します。

■分離解法  音源解析と音波伝搬解析を分離した解法です。ACTRANや弊社所有ツールSoundV用いて実施します。

     ● FW-H方程式法                FW-H方程式をグリーン関数を用いて積分形に直した式を基にした解法です。

     ●線形化オイラー方程式法   流体方程式系から導かれる線形音響擾乱方程式系を離散化して解く手法です。

     ●バーガース方程式法         流体方程式系から導かれる非線形音響擾乱方程式を離散化して解く手法です。

     ●WBM法                            ヘルムホルツ方程式を基本解の重ね合わせ表現を通して解く手法です。

お問い合わせ

関連資料ダウンロード

  • 技術報告1のPDF技術報告1

    「風車音関連技術の現状と将来予測」(pdf形式、9ページ)