• 製品案内
  • 受託解析・開発
  • 実績・事例
  • セミナー
  • サポート
  • 資料ダウンロード
  • お問い合わせ

 プログラム改修・開発

サービス内容

*プログラム改修
  プログラムは、多くの例題を通したり、第3者のレビューを経ることで、バグが解決したり精度が向上したりします。「プログラムが何を行っているかをちゃんと知りたい」といった根本的な欲求はもちろんのこと、「バグを解決したい」「計算精度を上げたい」「処理能力を向上させたい」という思いは、内製プログラムを扱っている方々に共通の思いです。
  プログラムは、受け継がれていく過程で様々な手が加わり、分かりにくくなる場合も多々あります。俗にいうスパゲッティコードも一例になり得ます。担当者は、「入力項目を最小限にしたい」 「グラフィックユーザーインターフェース(GUI)をつけたい」 といった外的側面から、「中身を分かりやすく書き直したい」、 「別の言語に書き変えたい」、といった内的側面に至る願望を抱えながら、それでも使わなければならない、というジレンマに陥っていたりします。
  以上のような方々に対して、弊社では、 プログラム改修経験の豊富な技術者による<プログラム改修+周辺作業>サービスを提供します。

*プログラム開発
  現象によっては、特殊性が強ために、汎用コードが対応していなかったり、対応していても良い結果が得られないことがあります。こういう時は、特化ソルバープログラムで対応した方が、ちゃんとした結果を出す、という本来の目的に近づけます。他にも、精度や計算資源、速度の点でメリットが大きかったりします。
  また、入出力データのファイルフォーマットが違うために、貴重なデータが使えない、といった問題は良く起こります。解析を進めるには、データ変換プログラムを捜したり、なければ作成することになります。こうした周辺作業(周辺プログラム作成も含む)は、意外と時間と手間がかかるために、設計者や解析者にとっては悩ましいことです。  
  弊社では、大きなプログラムから小さなプログラムに至るまで、お客様のニーズに応じた <プログラム開発+周辺作業>サービスを提供します。

サービスの流れ

                                service_program.jpg 

1.お問合わせ  ページ下のお問い合わせボタンからお問い合わせフォームに行って頂き、必要事項をご記入ください。担当者から折り返しご連絡いたします。

2.お打ち合わせ  お客様の依頼したい内容やその狙いなどについて、RCCM技術者と打ち合わせを行って頂きます。改修の場合、可能であれば、ご希望のソースコード・データをお預かりします。お預かりしたものは厳重に管理し、ご希望であれば秘密保持契約を結ばせていただきます。また、データ送付の際、弊社のSSL対応のファイル送信システムをご利用して頂くことも可能です。 

3.プログラム調査・検討  プログラムをお預かりした場合は、そのアルゴリズム等の関連事項を調査し、改修案を検討します。 

4.見積り・提案  プログラム調査・検討の結果、お客様の予算・納期等を考慮して、改修案を提案致します。またこの時にお見積りをご提示いたします。 

5.ご注文  ご提示しましたお見積書でよろしければ、メール、FAX、郵送のいずれかでご注文書をご送付ください。

6.改修・開発作業  提案内容に基づいてプログラムの改修・開発を行います。
オリジナルのプログラムに対して、結果の検証等を行います。  

7.納品  改修・開発したプログラムと、報告書一式をご提出いたします。その際、作業内容と結果についてご報告いたします。 

お問い合わせ

関連資料ダウンロード

  • 技術報告1のPDF技術報告1

    「風車音関連技術の現状と将来予測」(pdf形式、9ページ)