• 製品案内
  • 受託解析・開発
  • 実績・事例
  • セミナー
  • サポート
  • 資料ダウンロード
  • お問い合わせ

CAEとCGの3D融合化サービス

CAEの解析結果から、CGを活用して、写実的かつ魅力的な画像や動画を作成します。


サービス概要

学会発表やプレゼンテーションの場で、CAEの結果を利用することは多くなっております。

せっかく苦労して行った解析なので、可能な限り効果的にアピールしたいことでしょう。特に非専門家や、マネジメント層へのプレゼンテーションでは、限られた時間の中で、可能な限りわかりやすく、ポイントを絞って伝えるというのは必須ではないでしょうか?

しかし、CAEの解析結果をポスト処理しても、なかなかテレビで流れるような写実的な動画というのは作りにくい面があります。

そこで、弊社では

  • 成果を効果的かつわかりやすくアピールしたい
  • CAEの結果を非専門家に分かりやすく説明したい
  • VR(仮想現実)やAR(拡張現実)に、CAEの結果を利用したい

という研究者、技術者のために、CAE結果をCGで補完し、効果的に見せるための「CAE-CG 3D融合化サービス」をご提供します。


参考事例

OpenFOAMで計算したプロペラ周りのキャビテーション(空洞現象)を、CGを用いて写実的な動画にしています。

以下は、ParaViewで表示したものと、CGで補ったものの比較です。






※計算結果は、OpenFOAMのチュートリアルのモデルを使用


お問い合わせ

本サービスにご興味がありましたら下記問い合わせ窓口よりお問い合わせください。



お問い合わせ