• 製品案内
  • 受託解析・開発
  • 実績・事例
  • セミナー
  • サポート
  • 資料ダウンロード
  • お問い合わせ

塩害・中性化・凍害解析

コンクリート構造物の長期性能シミュレーションプログラム


概要

本プログラムはコンクリート構造物の「塩害、中性化、凍害」による劣化を長期にわたりシミュレーションします。コンクリートの劣化に最も影響を与えると考えられる環境外力の算定には、全国155地点の気象観測データを利用できます。環境外力を入力情報とし、理論解や有限要素法を用いて劣化計算が行なわれ、結果のグラフィック出力を行ないます。専用のグラフィック・ユーザーインターフェイス(GUI)が完備されており操作性に優れたシステムとなっています。

lec0.jpg


ページの先頭へ

特徴

■ 塩害

  • 隅角部、ひび割れを有する2次元形状での塩化物イオンの浸透計算
  • マクロセル腐食電流等を算出し、鉄筋腐食量の算出
  • 補修計画の策定
  •  ・断面修復、表面被覆を任意の時刻に指定、効率的な補修計画が策定可能

    lec1.jpg

    lec2.jpg


ページの先頭へ

■ 中性化

  • 土木学会・日本建築学会式による中性化
  •  ・深さの算出(仕上げ材の考慮が可能)

  • 二酸化炭素の移動と中性化・炭酸反応
  •  ・桝田モデルによるCO2拡散計算
     ・CO2浸透量からPH算定(大下モデル)

    lec3.jpg

■ 凍害計算

  • 付属気象データを用いてASTM相当サイクル数の算出
  • 動弾性係数の算出
lec4.jpg
lec5.jpg


ページの先頭へ

■ その他

  • 水分の移動
  •   「モルタルの吸湿・吸水過程における水分移動(秋田等)」モデルの組み込み

  • 硬化体組成の推定計算
  •   W/C,セメント種類等を入力し、付属のデータテーブルから水酸化カルシウム等の組成量を算出

本ソフトは(独)情報処理推進機構(IPA)の2005年度IT利活用ソフトウェア開発事業の支援を受け、 社)日本コンクリート工学協会「コンクリート構造物の長期耐久性シミュレーションソフト作成委員会」の指導のもとに作成したものです。



■ お見積りのご依頼は下記フォームからお申し込み下さい。

お見積り依頼

■ お問い合せ

お問い合わせ