• 製品案内
  • 受託解析・開発
  • 実績・事例
  • セミナー
  • サポート
  • 資料ダウンロード
  • お問い合わせ

流体解析プログラム開発

流体解析プログラム開発及びカスタマイズ

現象や用途によっては、特殊性が強ために、汎用コードが対応してない又は、対応していてもコストメリットや思い通りの結果が得られないことがあります。こういう時は、メッシャーやソルバープログラムを専用で開発やカスタマイズした方が「ちゃんとした結果を出す」、という本来の目的達成や、精度や計算資源、計算速度の点でメリットが大きかったりします。また、入出力データのファイルフォーマットが違うために、過去の貴重なデータが使えない、といった問題は良く起こります。シミュレーションを進めるには、データ変換プログラムを捜したり、もし無ければ作成することになります。こうした周辺作業(周辺プログラム作成も含む)は、意外と時間と手間がかかるために、設計者や解析者にとっては悩ましいことです。弊社では、大きなプログラムから小さなプログラムに至るまで、お客様のニーズに応じた <プログラム開発+周辺作業>サービスを提供します。

ご相談・ご質問、技術的なご質問、お見積り依頼(年度内※急ぎ、来年度予算)など、下記よりお問合せください。

お問い合わせ/資料請求

関連資料ダウンロード