• 製品案内
  • 受託解析・開発
  • 実績・事例
  • セミナー
  • サポート
  • 資料ダウンロード
  • お問い合わせ

計測できない箇所を自動で補間するツール

リバースエンジニアリングの課題

非接触3Dスキャナが安価に利用しやすくなり、計測データを活用する場面も多くなりました。

しかし、課題はまだ残っています。その一つが、奥行形状、エッジ、穴などにより計測できない箇所の存在です。下図のように大きく欠損する場合もあります。

このような箇所があると、手作業で形状を作成しなければならず手間がかかります。効率を上げることは可能でも、複数のツールに精通し、それらの使い分けに習熟する必要があります。


keisokudata.png

図1.計測できない形状


50倍の効率化を実現

弊社ではお客さまから寄せられたこの課題に対し、試行錯誤の末、 ANSYS CFD PrepPostをベースにこのプロセスを自動化するプログラムを開発しました。 お客様のデータをお借りして試したところ、 お客様が約10時間かかった形状作成の手間を、12分に短縮することに成功しました。(2回のプログラム実行時間2分、若干の手修正10分)


TaModel.png

図2.補間後のメッシュモデル


jitan.png

図3.効率化効果


ツールの適用条件

  1. 目的が数値シミュレーションなど、必ずしも精密なCADモデルの作成を目的としていない
  2. 計測するワークの元となるCADデータが存在する

※小さな穴やスキマ、段差など軽微な欠損であれば、元のCADがなくてもほぼ自動で解析メッシュを作成することが可能です。詳細はこちら



関連資料ダウンロード

お問い合わせ