• 製品案内
  • 受託解析・開発
  • 実績・事例
  • セミナー
  • サポート
  • 資料ダウンロード
  • お問い合わせ

サーバー上で並列可視化

背景

大規模な計算結果を可視化処理する際にはいくつかの課題があります。

特に大きな計算モデルの場合は、サーバーで計算を行い、サーバーにある計算結果データをローカルディスクにコピーして可視化をする場合があります。

しかし、結果データが大規模である場合、サーバーからローカルディスクにデータをダウンロードするだけでも多くの時間を要することがあります。

これを回避する方法として、一つはシミュレーション中に可視化するという方法があります。

そしてもう一つの方法は、ParaView Client-Server機能を利用して、サーバー上で可視化処理をするという方法です。描画結果だけを画像データとしてダウンロードすることで時間を削減することが可能です。


PV CSz.png

可能となること

ParaView Client-Server機能により、以下のメリットがあります。

  • サーバーから計算結果データのダウンロードが不要
  • サーバーで並列可視化可能
  • クライアントが非力なマシンでも、サーバーのスペックに応じてデータ処理可能

関連資料ダウンロード

お問い合わせ