• 製品案内
  • 受託解析・開発
  • 実績・事例
  • セミナー
  • サポート
  • 資料ダウンロード
  • お問い合わせ

シミュレーション中に可視化

背景

近年ますます大規模な計算を行うケースが増えてきました。

シミュレーションの結果を可視化する際には、可視化用データを出力しなければなりません。
しかし大規模計算になると,I/Oの時間を無視することができなくなくなり、 ファイルシステムも大きなものを用意しなければなりません。

解決方法の一つとして,In situという方法があります。


catalyst.png
計算中のデータをParaViewに渡し、 必要な部分のみ可視化することができる機能です。
画像データや数値データを出力することもできます。

可能となること

この機能により以下のようなことが可能となります。

  • ディスクが足りない場合でも可視化が可能
  • 大規模な解析でも動画用の画像データを出力可能
  • サーバーのメモリ上で処理が行われるため、I/Oの時間が短縮可能
  • 大容量のファイルシステムを用意しなくてもいい
  • 途中の経過や計算のエラーを絵で見て確認可能

データの規模が大きかったり、イタレーションごとにファイルの出力が必要となるような場合、特に有効です。



関連資料ダウンロード

お問い合わせ