• 製品案内
  • 受託解析・開発
  • 実績・事例
  • セミナー
  • サポート
  • 資料ダウンロード
  • お問い合わせ

東北地方太平洋沖地震の検証例

東北地方太平洋沖地震を題材とした、不均質地下構造を用いた地殻変動解析を行い、プログラムの検証を行いましたので、以下にご紹介します。

解析条件

shingen.png

  • 範囲: 北緯35°~42°、東西138°~145°
  • 深さ: 150kmまで
  • 地盤データ: 工学的基盤から地震基盤までは防災科学技術研究所J-SHISの1Km分解能の不均質地下構造を設定、地震基盤以深はMatsubara et al.地盤モデルを利用
  • 震源断層: 大きさは475x175km。これを19x7=133個の小断層に分割、一つの小断層は10x10に分割
  • 断層滑り: 133個の小断層の不均質滑り変位
  • 最大断層すべり変位: 37m
  • 解析規模: 2,100万自由度
  • 解析時間: Xeon 2.4GHz 8コアにて約8分











東北地方太平洋沖地震のFEMモデル

FEM Model.png

解析結果

    

東西方向変位

変位_均質.png

      (a) 均質構造モデル


変位_不均質.png

      (b) 不均質構造モデル




東西方向伸張ひずみ

伸張ひずみ_均質.png

      (a) 均質構造モデル


伸張ひずみ_不均質.png

      (b) 不均質構造モデル


伸張ひずみ_不均質_拡大.png

      (b) 不均質構造モデル(拡大)

 新潟ー神戸ひずみ集中帯を再現

本解析により、不均質地下構造を考慮することで、新潟ー神戸ひずみ集中帯を再現できた。

謝辞

上記結果を得る上で、解析条件の設定、解析結果と観測値の検証、考察等において国土地理院西村様(現 京都大学 防災研)には大変お世話になりました。

参考情報

Geophysical Journal International論文

国土地理院 平成24 年度年次報告

日本地球惑星科学連合年次大会2013 予稿集




関連資料ダウンロード