オクトツリーベース分割法の粗密調整(ANSYS ICEM CFD)

オクトツリーベース分割法は、ANSYS ICEM CFDに実装された、ロバストにテトラメッシュを作成する手法です。

オクトツリーベース分割法は、メッシュ生成にオクトツリーを使用する性質上、メッシュの粗密調整が容易にできる利点があります。

その例をヘリコプター周りの流れを解析するためのメッシュで見てみましょう。

入力形状

下絵のようなヘリコプター回りの空気の流れを解析するためのメッシュを作成します。(実際は、遠方領域をもっと広くとる必要があります。)

入力形状

オクトツリーベース分割法

オクトツリーベース分割法を使用すると、ヘリコプター回りの外部流を解析するメッシュを容易に作成できます。

また、境界層を解像するためにプリズムメッシュを入れてあります。下図を参照。

オクトツリーベース分割法

粗密の調整

ヘリコプター回りの空気の流れを解析するためには、後流に発生する渦を解像する必要があります。後流の渦を解像するためには、後流にもっと細かいメッシュが必要でしょう。

オクトツリーベース分割法では、密度という概念で、メッシュの粗密を調整することができます。

以下のようなオレンジ色の箱型をした密度領域を作成し、この密度領域に小さいメッシュサイズを設定します。

密度設定

密度を設定した後の、テトラメッシュは以下のようになります。後流が発生する領域に細かいメッシュが作成されます。

密度ありのテトラメッシュ

作成されたメッシュを上方から見ると下図のようになります。

密度ありのテトラメッシュ上方図

添付ファイル: fileHelicopter_geom.png 368件 [詳細] fileoctree_mesh.png 402件 [詳細] filedensity_tetra_top.png 375件 [詳細] filedensity_tetra.png 357件 [詳細] filedensity.png 398件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-03-20 (金) 13:40:18 (997d)