コンターの表示

可視化ソフトウェアParaViewを使用すると、計算結果などのコンター図を表示することができます。

ここでは、ParaViewを起動した状態から、Plot3D形式のデータを読み込み、コンター図を描きます。

まず、ページ一番下のサンプルデータから、box.zipをダウンロードし、適当なフォルダに展開します。

メッシュデータ計算結果の時系列データ
mesh.xyzqs__00001.q、...、qs__00020.q

データの読み込み

展開したデータを、以下の手順で読み込みます。

① メニューバーから、File > Open...と進みます。

② "Open File"ウィンドウから、"meshs.xyz"ファイルを選択し、"OK"します。

Open_Data

③ "Open Data With..."ウィンドウから、"PLOT3D Files"を選択し、"OK"します。

ParaViewは拡張子から、ファイルのデータ形式を予測します。候補が複数ある場合は、"Open Data With..."ウィンドウから、読み込むデータ形式を選択する必要があります。

Select_PLOT3D

④ Qファイル(qs__00001.q,..., qs__00020.q)を"Properties"タブの"Q File Name"から読み込みます。

ここで、qs__00001.q,..., qs__00020.qのように、同じ名前で始まるファイルで、拡張子の前に整数値があると、ParaViewにより、時系列データと判断され、選択するファイル名が"qs__..q"のようにひとまとめになります。

ここでは、時系列データとして読み込むので、"qs__..q"を選択し、"OK"します。

Open_Q

⑤ "Properties"タブの"Apply"ボタンを押すと、データが読み込まれます。

Apply_Reader

コンターの表示

計算結果のコンターを表示するためには、ツールバーから表示する変数を選択します。

① "Density"の表示

この計算結果では、Densityの値が一定であるため、全て同じ色で表示されています。

density

② "Momentum"の表示

Momentumはベクトル値です。ベクトルやテンソルのように要素が複数はある場合、Magnitude, X, Y, Zなどを選択することができます。

momentum

レジェンド―バーの表示

値の範囲を見るために、ツールバーからレジェンドバーを表示します。

Legend_On

動画

ツールバーの"Play"アイコンをクリックすると動画を見ることができます。

Play

サンプルデータ


添付ファイル: filePlay.png 608件 [詳細] filebox.zip 528件 [詳細] fileLegend_On.png 648件 [詳細] filemomentum.png 636件 [詳細] filedensity.png 659件 [詳細] fileRead_Apply.png 307件 [詳細] fileOpen_Q.png 577件 [詳細] fileSelect_PLOT3D.png 566件 [詳細] fileOpen_Data.png 650件 [詳細] fileApply_Reader.png 626件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-04-16 (木) 20:17:39 (1282d)