テトラメッシュからの変換

4面体メッシュ(テトラメッシュ)をパラメータ化(整数マップ化)することにより、6面体メッシュ(ヘキサメッシュ)を作成することができます。

パラメータ化による6面体への変換手順

テトラメッシュのパラメータ化による6面体への変換ステップは以下の通りです。

  • フレームフィールドを構成
  • パラメータ化(整数マップ化)
  • 6面体の抽出

パラメータ化-ポリキューブ

テトラメッシュのパラメータ化の1つとして、ポリキューブを作成する方法があります(フレームフィールドを経由しない方法)。

表面三角形の面積和を拘束し、表面三角形の法線方向が、x, y, z軸に沿うような最適化問題を解くことで行います。

 polycube example

6面体の抽出

6面体の抽出には、アーヘン工科大学のオープンソース・ソフトウェアlibHexExなどを使用することができます。

下記は、球体のテトラメッシュをポリキューブ(整数マップ)に変換後、libHexExでヘキサを抽出した結果です。

 extracted sphere hexa

添付ファイル: filelibHexEx-sphere.png 148件 [詳細] filepolycube_example.png 158件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-01-16 (月) 12:36:21 (330d)