プリズムメッシュ(境界層メッシュ)

プリズムメッシュ(境界層メッシュ)は、流体解析で壁面近くの境界層内の流速勾配を解像する場合などに必要とされます。

また、境界層の表面においては、流れ方向に対して直交なメッシュとなります。

boundary layer

作成手順

作成手順としては以下の2つがあります。

  • 先入れ:ボリュームメッシュを作成する前に、表面メッシュを押し出して境界層メッシュを作成し、それから残りの空間にボリュームメッシュを作成する。
  • 後入れ:ボリュームメッシュ作成後、表面からボリュームメッシュを縮退させて、間に境界層メッシュを挿入する。
作成手順

境界層の成長法則

境界層の成長法則には以下のようなものがあります。

ここでは、

\[ H_n: n番目の境界層厚さ, \; h: 第1層目の厚さ), \; r: 各層間の厚さ比, \; H_T: 全境界層高さ \]

とします。

境界層の変数
  • 指数関数:
    \[ H_n = h\cdot r^{(n-1)} \\ H_T = n\cdot h\cdot \frac{(n-1)(r-1)+2}{2}  \]
  • 線形関数:
    \[ H_n = h\cdot(1+(n-1)(r-1)) \\ H_T = h\cdot\frac{1-r^n}{1-r} \]
  • Ansys Workbench 指数関数:
\[ H_n = h*e^{(r-1)(n-1)} \]
growth law

添付ファイル: fileprocesses.png 1246件 [詳細] fileprism_variables.png 1152件 [詳細] filegrowth_law.png 1090件 [詳細] fileboundaryLayer.png 1225件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-05-14 (木) 16:26:08 (1105d)