ポリゴン上への値のマッピング

可視化ソフトウェアParaViewを使用して、ボリューム内にあるデータを任意のポリゴン上にマッピングする方法を示します。

①ボリュームデータを用意します。ここでは例として、ParaView内の"Wavelet source"を使用します。

ParaViewのメニューバーから"Sources"→"Wavelet"をクリックします。

Multi-Core-Use

"Properties"タブの「Apply」ボタンをクリックすると"Wavelet Source"が作成されます。これは、一様な構造格子上に、ある周期関数の値が計算されたボリュームデータとなります。

Multi-Core-Use

これで、ボリュームデータが作成されました。

②データをマッピングしたいポリゴンメッシュを用意します。ここでは、ParaView内で作成できるトーラス面を使用します。

ParaViewのメニューバーから"Sources"→"Superquadric"をクリックします。

Multi-Core-Use

次に、"Properties"タブの"Scale"に20, 20, 20の値を入力し、作成される形状の大きさを調整し、「Apply」ボタンをクリックするとトーラス面が作成されます。

Multi-Core-Use

③このトーラス面上に"Wavelet Source"の値をマッピングします。これには、"Resample With Dataset"のフィルター機能を使用します。

ParaViewのメニューバーから"Filters"→"Alphabetical"→"Resample With Dataset"をクリックします。

Multi-Core-Use

"Change Input Dialog"ウィンドウが現れますので

  • Input --------- Wavelet1
  • Source --------- Superquadric1

を指定してから、「OK」、「Apply」します。

Multi-Core-Use

こうすると、トーラス面上に"Wavelet Source"の値がマッピングされます。

Multi-Core-Use

添付ファイル: fileResample_with_Dataset3.png 661件 [詳細] fileResample_with_Dataset2.png 633件 [詳細] fileResample_with_Dataset1.png 682件 [詳細] filecreate_Wavelet2.png 652件 [詳細] filecreate_Wavelet.png 689件 [詳細] filecreate_Superquadric2.png 653件 [詳細] filecreate_Superquadric1.png 662件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-09-11 (水) 12:33:13 (1892d)