モデル作成

モデルを表現するデータの種類

メッシュ分割は、物理空間を離散的に近似するために使用されます。メッシュ分割の入力としては物理空間内の物体表面を表すものが必要となります。それには

  • CAD形状
  • 多面体形状
  • 画像データ
  • 陰関数表現

などがあります。

CAD/ダイレクトモデラー

点群

近年、リバースエンジニアリングなどの用途で、レーザースキャナや工業用のCTスキャン、あるいはKinectなどを使用して、物体形状を3次元点群データとして取得する機会が増えてきています。このため、点群から表面パッチを作成する頻度が増えてきています。

面の作成

画像処理

ITK

RTK


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-04-11 (火) 20:42:35 (244d)