伝説のGambit Paving

かつて、汎用流体解析ソルバーのFluentやFidapの付属メッシャーとしてGambitという名のメッシャーがありました。 このメッシャーは、多くのユーザが存在したものの、惜しまれつつ役目を終えた伝説のメッシャーです。

Gambitには、面に四角形メッシュを作るために、Pavingという手法があり、頻繁に使われておりました。 この手法はAdvancing front法に基づいたものでした。

現在は、このGambit Pavingは商用メッシャーであるANSYS ICEM CFD(Ver.14.5以降)の中で使用できるようになっています。 以下に、ANSYS ICEM CFDでのGambit Pavingの使い方を説明します。

形状

形状は、下図のような2つの円でくり抜かれた四角形とします。

surface_gambit_paving

ICEM Gambit Paving

ANSYS ICEM CFDでGambit Pavingを使用するには、2次元ブロッキング手法を使用します。この2次元ブロッキング手法の中の一手法として、Gambit Pavingを選択することができます。

"メッシュサイズを指定"してから、以下の操作を行います。

① Blockingから、Initialize Blocks内のTypeを"2D Surface Blocking"に設定

② Surfacesからメッシュを作成する面を選択

③ Free Face Mesh Typeを"All Quad"、Free Face Mesh Methodを"Gambit Pave"に設定

④ Apply

icem_gambit_paving1

結果は、Gambit Pavingで切られたメッシュが作成されました。

懐かしいですね!

icem_gambit_paving2

添付ファイル: filesurface_gambit_paving.png 480件 [詳細] fileicem_gambit_paving2.png 489件 [詳細] fileicem_gambit_paving1.png 520件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-08-20 (木) 20:34:28 (845d)