時間毎に移動する物体

可視化ソフトウェアParaViewを使用して、時間毎に移動する物体の動画を作成しましょう。

ここでは、穴開き円盤上を移動する球の動画を作成します。

穴開き円盤の作成

ParaViewで穴開き円盤を作成するには、メニューバーのSourcesからDiskを選択します。

Menu Disk

次に、Propertiesタブで、下図のように設定し、"Apply"します。"Circumferential Resolution"に100を設定しましたが、これは円盤の周方向の解像度を表し、大きな値にする程、滑らかな円盤となります。

Disk Properties

なお、穴開きでない円盤を作成するためには、内径を表す"Inner Radius"を0にするとよいでしょう。

球面の作成

ParaViewで球面を作成するには、メニューバーのSourcesからSphereを選択します。

Menu Sphere

次に、Propertiesタブで、下図のように設定し、"Apply"しますと、円盤上に球面が作成されます。

Sphere Properties

"Animation Viewの表示"

時間毎に物体を移動させるためには、"Animation View"を使用しますので、"Animation View"を表示しましょう。

メニューバーの"View" から"Animation View"を有効にしますと、"Animation View"が表示されます。

Display Animation View

動画の設定

まず、時間の設定をします。

Animation View内の"End Time"と"No. Frames"をそれぞれ以下のように設定します。

time frames

次に、時間で球面を移動させるために、Transformフィルターを使用します。"Sphere1"を選択した状態で

 Filters > Alphabetical > Transform

をクリックします。

Filters Transform

そして、デフォルト設定のまま、"Apply"します。"Show Box"のチェックは外しておいた方がよいでしょう。

Transform Properties

次に、Animation View内で、"Tranform1"が選択された状態で、"Transform - Rotate(2)"を選び、横の青い+アイコンをクリックします。

ここで、"Transform - Rotate(2)"は、球面をz軸中心に回転させるための変数です。

add transform

追加された行をダブルクリックしますと、"Animation Keyframes"のウィジェットが起動しますので、2行目の"Value"に360と記入し、"OK"します。

Set Keyframes

これは、最初の時間から最後の時間までの間に、球面を原点中心に0度から360度回転することを意味ます。

動画の再生

ツールバーにある動画の再生ボタンをクリックして、動画を再生します。

play

下動画のように球面が円盤上を回転する様子が分かります。

follow anim

添付ファイル: filefollow_anim.gif 47件 [詳細] filetransform_properties.png 50件 [詳細] filetime_frames.png 48件 [詳細] fileSphere_properties.png 48件 [詳細] fileset_keyframes.png 49件 [詳細] fileplay.png 46件 [詳細] filemenu_Sphere.png 46件 [詳細] filemenu_Disk.png 53件 [詳細] filefilters_Transform.png 48件 [詳細] fileDisk_properties.png 49件 [詳細] fileanimation_view.png 51件 [詳細] fileadd_transform.png 57件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-07-05 (木) 11:48:47 (130d)