測地線の測定

可視化ソフトウェアParaViewにあるプラグイン"GeodesicMeasurement"を使用すると、三角形ポリゴン上の測地線の長さを測ることができます。

ここでは、球面上の2点間の距離を測ってみましょう。

プラグインのロード

まず、プラグインをロードします。プラグインをロードするためには、Tools > Manage Plugins...から、"Plugin Manager"を開きます。

Open Plugin Manager

次に、

① Plugin Managerの"Local Plugins"の一覧から"GeodesicMeasurement"をクリックし、選択状態にします。

② "Load Selected"ボタンを押します。

③ Plugin Managerを"close"します。

load geodesic measurement

これで、Geodesic Measurementプラグインが読み込まれ、Filtersの中に"Geodesic Measurement"が追加されます。

球面の作成

次に球面を作成します。球面は、Sources > Sphereから作成します。ここでは、デフォルト設定のまま"Apply"します。

表示は、"Surface With Edge"を選択し、メッシュのエッジを表示することができます。

create sphere

球面上の2節点の選択

距離を測りたい球面上の2節点を選択します。

① 選択バーの"Interactive Select Points On"をクリックし、連続選択状態にします。

② 球面上の2節点を適当に選択します。

③ 2節点を選択した状態で、Filters > alphabetical > "Extract Selection"を選択し、その"Apply"をクリックすることで、選択した点を抽出します。

create points

 

extract selection

※2点の選択は、Sources > Lineを使用した方が一般的かもしれません。

測地線の測定

Pipeline Browser上の"Sphere1"を選択状態にし、Filters > alphabetical > "Geodesic Measurement"をクリックします。

"Change Input Dialog"が立ち上がりますので、

InputSphere1
EndpointsExtractSelection1

を設定し、"OK"します。

Input Endpoints

Propertiesタブで"Apply"すると、warningは出ますが、測地線は計算されます。

下図の青線が測地線で、"TotalLength"の値が測定された長さとなります。

total length

添付ファイル: filetotal_lengthpng.png 307件 [詳細] fileselect_points.png 316件 [詳細] fileOpen_Plugin_Manager.png 343件 [詳細] fileload_geodesic.png 324件 [詳細] fileInput_Endpoints.png 306件 [詳細] fileextract_selection.png 324件 [詳細] filecreate_sphere.png 309件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-10-25 (火) 19:55:55 (750d)