DEMデータの可視化

数値標高モデル(DEM;Digital Elevation Model)データを、可視化ソフトウェアParaViewを使用して可視化してみましょう。

DEMファイルは、US Geological Surveyが作ったデータ形式です。詳しくは、USGSのサイトをご覧ください。

DEMデータファイルの準備

ここでは、使用するDEMデータとして、VTKライブラリのサンプルデータを使用します。

midas にあるSainteHelens.demをダウンロードしてください。

ParaViewでDEMデータの読み込み

それでは、DEMデータファイルをParaViewに読み込みましょう。

メニューバーの"File"→"Open"から、"SainteHelens.dem"ファイルを選択します。

open DEM file

「Apply」ボタンを押すと、DEMファイルが読み込まれ、セント・ヘレンズ山が表示されます。ただし、読み込んだ段階では、標高のない平面となっています。

display SaintHelens.dem

標高データをワープする

読み込んだSaintHelens.demには、Elevationという変数に標高データが節点毎に入っています。

節点のz座標を標高だけ平行移動すると立体にすることができます。これには、メニューバーの"Filters"→"Alphabetical"→"Warp By Scalar"を使用します。

Select Warp By Scalar

"Properties"タブの設定はデフォルトのままで「Apply」ボタンを押すと、標高のあるデータとなります。

Scale Factorの値を適当に変えて、平行移動量を調整することもできます。

Apply Warp By Scalar

添付ファイル: fileSelectWarpByScalar.png 729件 [詳細] fileSaintHelensWarped.png 759件 [詳細] fileDEM_open.png 679件 [詳細] fileSaintHelens.png 659件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-04-19 (木) 20:37:45 (90d)