OSPRay Rendering

可視化ソフトウェアParaViewで、OSPRay Renderingを有効にすると効果的な可視化が可能となります。

OSPRayは迫真性を高めるためのレイトレーシングベースのレンダリングを行う、オープンソースのソフトウェアです。

OSPRay Rendering

OSPRay Renderingの設定は

 Propertiesタブ > OSPRay Rendering

にあります。最初の設定では、無効になっています。

 OSPRay Rendering default

「Enable OSPRay」にチェックを入れ、「Light Scale」に適当な数値を入れると、下記のようと見映えが良くなります。

 OSPRay Rendering enabled

さらに、「Shadows」にチェックを入れると、陰影がはっきりとし、より印象的な描画となります。

 OSPRay Rendering shadows

他のパラメータも変更すると、より迫真に迫る描画を行えると思われます。


添付ファイル: fileOSPRay_Rendering_Shadows.png 220件 [詳細] fileOSPRay_Rendering_Enable.png 228件 [詳細] fileOSPRay_Rendering_default.png 213件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-03-17 (金) 14:44:21 (435d)