*[[ツリーベースAMR]] [#x464d7b7]

**データ構造 [#l84a481a]

ツリーベースAMRはpoint-wise構造AMRとも呼ばれます。このデータ構造は、[[ブロック構造格子AMR:http://www.rccm.co.jp/icem/pukiwiki/index.php?%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF%E6%A7%8B%E9%80%A0%E6%A0%BC%E5%AD%90AMR]]と比べ
-メモリ使用量を大幅に削減できる
-処理のアルゴリズムが複雑化するため計算時間が大きくなる

傾向があります。

下図は、球体の中に、vtkHyperTreeGridを使用して、ツリーベースAMRを作成した例です。
下図は、vtkHyperTreeGridを使用して、球体の中に、ツリーベースAMRを作成した例です。

#ref(HyperTreeGridTernarySphereMaterial.png,center,nowrap,30%, vtkHyperTreeGridの例);

**ソフトウェア [#y0b7ad09]
***Paramesh [#acd9abe0]

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS