*[[ベクトル表示]] [#a59dbce3]

可視化ソフトウェア[[ParaView:http://www.paraview.org]]を使用すると、ベクトル値に対してGlyphフィルターを使用して、ベクトルを表示することができます。

#ref(Glyph_icon.png,center,nowrap,100%,Glyph アイコン);

Glyphとは絵文字の意味です。

**ベクトルの表示 [#t80309ff]

ベクトルを表示するためには、"Glyph"フィルターを使用して、以下の手順でベクトル矢印を作成します。

① Pipeline Browserでベクトル値のあるデータを選択

② ツールバーの"Glyph"アイコンをクリック

③ Propertiesタブでベクトル表示したい変数を選択

④ "Apply"

#ref(Glyph_Vectors.png,center,nowrap,50%,Glyph Vectors);

**ベクトルの色付け [#x38e94f7]

ベクトルを設定した変数で色づけするには、"Pipeline Browser"上で"Glyph"オブジェクトを選択し、色付け変数コンボボックスを"GlyphVector"にすると、ベクトルの大きさ(Magnitude)で色付けされます。

ベクトル成分選択コンボボックスで、"Magnitude"の代わりに"X", "Y", "Z"を選択すると、ベクトルの各成分で色付けすることもできます。

#ref(GlyphVecor_color.png,center,nowrap,50%,color GlyphVecor);

**ベクトル長さのスケーリング [#r9a97804]

ベクトルの長さはPropertiesタブ内にあるScalingの"Scale Mode"と"Scale Factor"で調整し、再度"Apply"ボタンを押します。

#ref(Scaling.png,center,nowrap,50%,Scaling);

各設定の意味は以下の通りです。

- Scale Mode: スケールの種類

| Scale Mode | 説明 |
| scalar     | Scalarsで指定した変数に比例 |
| vector     | Vectorsで指定したベクトルのノルムに比例 |
| vector components | Vectorsで指定した各ベクトルの成分に比例 |
| off        | 同じ長さ |

- Scale Factor: 長さにかける倍率

また、Scale Factorの値を変更する場合は、以下を使用すると便利です。

#ref(scale_factor_utility.png,center,nowrap,60%,scale factor utility);

下記は、Scale Modeを変え、Scale Factorで調整したものを比較したものです。"Vectors"には流速ベクトル、"scalars"には流速のz成分を指定しています。

#ref(Scale_modes.png,center,nowrap,80%,Scale modes比較);

**ベクトルの数や配置の調整 [#qc202d65]

ベクトルの数や配置を変更したい場合は、Propertiesタブ内の"Masking"を使用します。

"Glyph Mode"で、配置の種類を指定します。
-All Points: 全ての節点上にベクトルを配置

#ref(all_points.png,center,nowrap,80%,All Points);

-Every Nth Point: とびとびの節点上にベクトルを配置
--Stride:何点おきに生成するかを指定

#ref(every_nth_point.png,center,nowrap,80%,Every Nth Point);

-Uniform Spatial Distribution:一様分布に従いベクトルを配置
--Maximum Number Of Sample Points:サンプリング数の最大値
--Seed: 乱数の種|
--Seed: 乱数の種

#ref(uniform_distribution.png,center,nowrap,80%,Uniform Distribution);

**Glyph(絵文字)の種類 [#d35c87eb]

GlyphのデフォルトはArrow(矢印)ですが、Propertiesタブの"Glyph Source"を変更して、他の絵文字を選択可能です。

-Arrow:矢印(デフォルト)

#ref(arrow.png,center,nowrap,70%,arrow);

-Cone: 円錐

#ref(cone.png,center,nowrap,70%,cone);

-Box: 箱

#ref(box.png,center,nowrap,70%,box);

-Cylinder: 円柱

#ref(cylinder.png,center,nowrap,70%,cylinder);

-Line: 線

#ref(line.png,center,nowrap,70%,line);

-Sphere: 球

#ref(sphere.png,center,nowrap,70%,sphere);

-2D Glyph: 2次元絵文字

#ref(2d_glyph.png,center,nowrap,70%,2d glyph);

※詳細設定アイコンがONの場合は、より多くの2次元絵文字(Arrow, Vertex, Dash, Crossなど多種)を選択可能です。

#ref(2d_details.png,center,nowrap,70%,2d details);

**詳細設定 [#f8a5d049]

歯車アイコンをONにすると、より詳細な設定を行うことができます。

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS