*[[モデル作成]] [#k4080963]

**モデルを表現するデータの種類 [#i0fdf612]

メッシュ分割は、物理空間を離散的に近似するために使用されます。メッシュ分割の入力としては物理空間内の物体表面を表すものが必要となります。それには

-CAD形状
-多面体形状
-画像データ
-陰関数表現

などがあります。

**CAD/ダイレクトモデラー [#w31047de]
-[[パラメトリックモデリングとダイレクトモデリング]]

**点群 [#f57228df]

近年、リバースエンジニアリングなどの用途で、レーザースキャナや工業用のCTスキャン、あるいはKinectなどを使用して、物体形状を3次元点群データとして取得する機会が増えてきています。このため、点群から表面パッチを作成する頻度が増えてきています。

***面の作成 [#z23e63ae]
-[[地形の点群から三角形面を作成(ParaView)]]
-[[点群からトリム面を作成(PCLライブラリ)]]
-[[点群から貪欲に三角形面を作成(PCLライブラリ)]]
-[[点群からマーチングキューブス(Hoppe)で面を作成(PCLライブラリ)]]
-[[点群からマーチングキューブス(APSS)で面を作成(MeshLab)]]

**画像処理・画像データの作成 [#hd03cc81]
**画像処理 [#hd03cc81]

***ITK [#cdb11eeb]
-[[直管を画像に埋め込む(ITKライブラリ)]]
-[[ヒストグラムベースの2値化(ITK)]]

***RTK [#wa361915]
-[[ADMM Waveletsによる画像再構成(RTK)]]

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS