• 製品案内
  • 受託解析・開発
  • 実績・事例
  • セミナー
  • サポート
  • 資料ダウンロード
  • お問い合わせ
  • ホーム
  • What's new
  • 第36回地震工学研究発表会にて共著論文が発表されました

What's new

第36回地震工学研究発表会にて共著論文が発表されました

2016年10月17日~2016年10月18日に開催された「第36回地震工学研究発表会」にて、「三次元地盤構造を考慮した関東地方の地震動シミュレーション」と題して共著の論文が発表されました


関東地方を中心として三次元有限要素法による数値シミュレーションを行うことによって、地域特性を生じるメカニズムの解明を目的としたものです。今回は土木学会全国大会の内容に対し、地震基盤以深の地盤構造もモデルに組み込んだ査読付き論文の投稿です。


関連情報

  地震動解析ソフトウェア EduS/FrontISTR/Quake


本件に対するお問い合わせ

株式会社計算力学研究センター
柴山 恭(シバヤマ タカシ)

新着情報一覧へ戻る