• 製品案内
  • 受託解析・開発
  • 実績・事例
  • セミナー
  • サポート
  • 資料ダウンロード
  • お問い合わせ

Solid Edge動作環境

Solid Edge ST10は、以下の環境における稼働が検証されています。

対応OS

Windows 7
  • Enterprise
  • Ultimate
  • Professional (64ビットのみ) Service Pack 1
Windows 8.1
  • Enterprise
  • Professional(64ビットのみ)
Windows 10
  • Enterprise
  • Professionalバージョン1511またはそれ以降(64ビット)
OS関係のご注意
  • Solid Edge ST10は64ビットのみに対応しています。
    Solid Edge ST6は、32ビット対応の最後のSolid Edgeリリースでした。
  • Windows HomeおよびWindows RTはサポートされません。
  • Solid Edge ST10は、Windows 7、Windows 8、およびWindows 8.1をサポートする最後のSolid Edgeリリースになります。
  • サーバーオペレーティングシステム上でSolid Edgeを実行することは推奨できません

Solid Edgeは、Microsoftがオペレーティングシステムに対する新しいリリースのメインストリームサポートを ドロップした時点で、
そのオペレーティングシステムに対する検証を中止します。
Solid Edge ST10は、Windows VistaまたはWindows XPにはインストールできません。
Microsoftは、2015年1月にWindows 7のメインストリームサポートを終了しました。
Microsoftは、2018年1月にWindows 8.1のメインストリームサポートを終了します。
Solid Edge ST10は、Windows 7およびWindows 8.1へのインストールを継続しますが、
Windows 7およびWindows 8.1に固有の問題が発生した場合、Microsoftからサポートを求められても、
当社およびSiemensでは修正プログラムを提供できるかどうかは保証できません。

Webブラウザ

  • Internet Explorer 11が必要です
  • Internet Explorerをデフォルトのブラウザにする必要はありません。
  • Solid Edgeは、新しいWindows 10のブラウザであるMicrosoft Edgeをサポートしません。

ハードウェアシステム要件

インストールに必要なディスク空き容量:4GB

推奨システム構成
  • 64ビットのWindows 10オペレーティングシステム
  • 8 GB RAM 以上
  • トゥルーカラー(32ビット)または16,000,000色(24ビット)
  • 画面解像度: 1280 x 1024以上、ワイドスクリーン形式
最小システム構成
  • サポートされている64ビットのオペレーティングシステムのいずれか
  • 4 GB RAM以上
  • 65,000色
  • 画面解像度: 1280 x 1024以上
グラフィック関係
  • Solid Edgeは、Windows 7、Windows 8.1、またはWindows 10をサポートするグラフィックスドライバで動作します。 お手元のグラフィックスアダプタ/ドライバが、それらのオペレーティングシステムをサポートするかどうかは、 その製品の製造元にお問い合わせください。
  • 最適なパフォーマンスを得るには、CADアプリケーション用に設計されたプロフェッショナル向けグラフィックスカードを 使用してください。
    Solid Edgeおよびその結果のテストに使用するカードの詳細については、
    http://www.plm.automation.siemens.com/en_us/support/gtac/certifications.shtmlにある、
    ハードウェアおよびソフトウェア認証Webサイトを参照してください。
  • 大規模なアセンブリまたは複雑なパーツを作業するときには、256MB以上のグラフィックスカードを推奨します。

その他のご案内

Microsoft関係
  • 一部のSolid Edgeコマンドでは、Microsoft Excelを必要とします。
  • Solid Edgeは、Microsoftが、Microsoft製品のメインストリームサポートを終了した時点で、 それに対するテストを停止します。
  • Microsoftは、2012年10月に、Office 2007のメインストリームサポートを終了しました。
    Microsoftは、2015年10月に、Office 2010のメインストリームサポートを終了しました。
    ST9は、Office 2010をサポートする最後のリリースとなりました。
    ST10には、Microsoft Office Professional 2013またはMicrosoft Office Professional 2016を推奨します。




製品一覧