• 製品案内
  • 受託解析・開発
  • 実績・事例
  • セミナー
  • サポート
  • 資料ダウンロード
  • お問い合わせ

Solid Edge 2019の紹介

SE2019

19-01-01.png

メッシュモデルにジオメトリ情報が追加

メッシュボディに含まれるジオメトリフィーチャをステアリングホイールで移動・編集することが できるようになりました。これはメッシュジオメトリに解析ジオメトリ情報がタグ付けされるようになったことから 可能になった機能で、メッシュモデルをb-repモデルのように取り扱い、面幾何関係やアセンブリの幾何関係のように使用します。

19-01-01.png

ジェネレーティブデザイン 解析条件の強化

Solid Edge ST10から追加されたジェネレーティブデザイン機能では、荷重/制約/材料特性に基づいて最適化されたデザインが作成されます。 Solid Edge 2019ではこの機能で利用される解析条件を強化し、より幅広い最適化を実現しています。

荷重ケース機能の追加
SE_2019

ほとんどのパーツは、変化する荷重と変化する境界条件の下で使用されるため、多くの異なる荷重と境界条件を指定することで、より現実に近い解析結果を得られます。 ジェネレーティブデザインでこれを実現するために、荷重と拘束境界条件を荷重ケースにまとめることができるようになりました。 これにより、荷重と拘束境界条件が数学的に相殺されることがなくなります。 単一の結果ファイルを取得するために、境界条件の様々な組合せを適用する順番を指定することもできます。

変位拘束の入力に対応

変形が発生する前に、指定した方向に制限した距離だけ動く面またはフィーチャを定義することができます。 変位拘束では、指定した方向に、指定した距離だけパーツを移動することができます。 このようなパーツの例には、ブッシング、ガスケット、押しボタンのようなばね仕掛けのパーツがあります。 ジェネレーティブデザインでは、変位はオペレーションの要件として適用され、 パーツが予想通りに動作するように強制されます。これにより、構造の最適化によって結果の変形が決定されます。

SE_2019
重力荷重サポート

ジェネレーティブデザインの構造最適化時、全般重力荷重のデザインスペース内のボディへの適用がサポートされるようになりました。 指定された境界条件に対して、他の荷重と共に、適用する重力を定義して、結果として得られるパーツが重力に耐えることができるようにします。

SE_2019
安全率範囲指定サポート

ジェネレーティブデザインのパーツ質量の最適化に、新しいオプションを使用することができるようになりました。 達成するターゲット質量値を指定しなくても、安全率の限度内で質量を減らすように選択することができます。

SE_2019

ジェネレーティブデザイン 材質分離

パーツ最適化の際、材料をどのように伸ばすかを[材質分離スライダ]を用いて指定することができるようになりました。

SE2019

ジェネレーティブデザイン パーツの厚み方向

ジェネレーティブデザイン機能で最適化の際に厚み方向を指定することができるようになりました。 押し出しオプションは指定された方向に沿って単一方向、あるいは両方向へ押出します。 質量は設計空間と交差して最適化されたモデル上に平坦な面を生成します。 X、Y、またはZ軸と方向ベクトルが指定できます。

SE_2019

リバースエンジニアリング スムースメッシュ

3Dスキャンデータのファセットのスキャン状態向上や不完全性を低減することができるようになりました。 スムージングする範囲は全体と部分を選択できます。

SE_2019

リバースエンジニアリング パフォーマンス向上

Solid Edge ST10では、リバース・エンジニアリング・コマンドの多くがパフォーマンスの低下に悩まされていました。 Solid Edge 2019では、FitやExtractなどのコマンドのパフォーマンスを向上させることで、その負担を軽減しました。 例えば、2分かかっていたテストケースでは、Fitコマンドはほぼ瞬時に実行されます。

SE2019

交差機能強化

Solid Edge 2019で「交差」の機能に新たな2つのオプションが追加されました。

SE2019
デザインボディを作成

交差する曲面で形成される閉じた領域からソリッドボディを作成します。

自動トリム

3つ以上の曲面を自動トリムします。

スロットコマンド強化

過去3回のSEUイベントのトップリクエスト! スロットコマンドが強化され、1度の操作で複数のプロファイルが選択可能になりました。 この時作成される複数のスロットは同じパラメータを持っています。 パスファインダでは穴フィーチャのように同一パラメータを持つスロットがグループ化されます。 (グループから分離も可能)

SE2019

面取り機能の強化

非平面の辺に対する面取りフィーチャの表現がより期待に沿ったものになりました。 これまでの表現も利用することができます。

SE_2019

クローン要素の表示

「構成要素をクローン化」は幾何形状の認識に基づいて、アセンブリ内の様々な位置に1つまたは複数の構成要素の複数のオカレンスを配置する機能です。アセンブリの幾何関係を作成して、構成要素を繰り返し配置する手動の作業(エラー)を避けることができ、生産性が向上します。 Solid Edge 2019では、この「構成要素をクローン化」機能が改良され、より迅速な方向付けと配置が可能になりました。

SE_2019

自動単純化

Solid Edge 2019に自動単純化機能が追加されました。エンクロージャを含むアセンブリの簡略化のさまざまなコマンドと組み合わせて自動単純化することで、複数のアセンブリの発生を素早く簡素化して、近似の単純化されたアセンブリ表現を作成できるようになりました。

SE_2019

コストデザイン

コストデザイン連結ウィンドウのコマンドを利用してSolid Edgeシートメタルパーツの幾何形状を解析し、そのアイテムの製造コストを見積もることができます。 コストの設計により、ユーザーは次のことが可能になります。

  • 製造の相対コストを見積もる
  • コストを使用してモデルを最適化する
  • チーム間でデザインの意義を伝える
SE_2019

調整可能チューブをサポート

Solid Edge 2019からチューブは調整可能なアセンブリとしてサポートされます。長さを固定した経路と調整可能チューブを使用して、長さを維持する必要のあるフレキシブルホースの作成が可能です。同じ長さのチューブは部品表で同じ項目に取り扱うことができます。

SE_2019

過渡熱伝達のサポート

Solid Edge 2019から過渡熱伝達タイプの熱解析を提供します。 過渡熱伝達解析を使用して定常温度に達する前の特定の時間増分でのモデルに対する熱的影響を解析することが可能です。 (ST10までは定常熱解析タイプのみ対応)

SE_2019
プローブテーブルの機能強化

プローブテーブルでは各ノードの選択に加え、面の選択が可能になりました。 選択した面または曲面上のすべての節点の結果データをテーブルに1ステップで入力することができます。 過渡熱伝達解析の結果をプローブするとき、テーブルで選択した節点の各時間ステップで応力データを表示することができます。

  • 節点:節点オプションではモデル上で選択する各頂点の節点データを表示するために使用します。
  • 面:このオプションを使用して、選択した面または曲面上の最大応力値を探すことができます。
SE_2019

解析タイプの変更

新しい解析を始める際、既存の解析をコピーすることがありますが、これまでは荷重・拘束の変更等の同じ解析タイプでの利用に限られました。 Solid Edge 2019では解析タイプを変更する機能が追加されたことによって、 選択する新しい解析タイプに対して荷重と拘束が有効な境界条件であれば保持されます。 この機能により新しい解析を作成してから荷重と拘束をコピーする必要がなくなり、解析への全ての入力を変更できるようになりました。

SE_2019

ボルト接合

ボルト接合にかかるせん断、モーメント、軸力、トルク等の応力を確認し、 モデルで使用している固定具の安全性を判断することができるようになりました。 ST10まではボディの応力結果のみが表示されました。ボルト接合を利用することで、ボルト自体をモデリングしなくてもパーツ面間ボルト止め接合をシミュレーションすることができます。

  • ナット付き/ナットなしのボルト
  • ボルト止め材質と異なる材質のボルト
  • 圧縮応力が与えられたボルト
  • 貫入する穴/貫入しない穴
  • モデルに穴がある2つのパーツがあり、かつボルトモデルが含まれていない場合は、
    貫入なし接触接合でボルトシミュレーションを組み合わせ可能
SE_2019

パフォーマンスの改良

Solid Edge 2019以前では、ソルバが8GB以上のRAMを使用することができなかったため、大規模な解析を実行するとエラーが発生していました。 Solid Edge 2019からは新たなソルバ(ILP-64 Nastran Solver)に対応したことで、必要十分なRAMにアクセスできるようになりました。

Solid Edge Portal

Solid Edge Portalをデザインおよびエンジニアリングデータのクラウドストレージ/ビューワーとして使用することができます。 アカウントに紐づけられたポータルに安全にアクセスして、デバイス、チームメンバー、非CADユーザ、パートナー、 および顧客の間でデータを共有することができます。
※Portalを使用するために、Solid Edgeをインストールする必要はありません。

SE_2019

Solid Edge Wiring Design登場!

電気系統システムの配線設計用ツールで、様々な業界(マシナリー・車両・医療機器産業等)にフィットし、 新製品の『Solid Edge Wiring Design』と密な連携が可能。

  • 直感的な電気回路設計
  • ビルトインのインテリジェントなライブラリ
  • シミュレーションと検証でエラーが強調表示されます
  • 緊密に統合されたECAD-MCADコラボレーション

※詳細はSolid EdgeWiring Designリリース後にこのサイトでお知らせいたします

SE_2019

STLファイルインポートの機能強化

STLインポート機能がパフォーマンスを含め強化されました。 STLファイルをインポートする際に、Solid Edgeにオープンされる前にSTLデータの障害を修正します。 インポートオプションに「メッシュの欠陥をヒール」機能を追加したことで、縮退ファセットや、 重複頂点等の修正すべきSTLデータが読み込まれた時のふるまいはユーザが決めることができます。 この機能がオンとなっている場合にはインポート時に自己交差障害を修正します。 このオプションは必要に応じてオン/オフを選択することができます

SE_2019

Solid Edge要件管理

Solid Edge Requirements Managementは、ブラウザベースのアプリケーションライフサイクル管理(ALM)ソリューションであるPolarionを、Solid Edgeと統合します。アプリケーションは、機械システムの要件を追跡する必要があるユーザーを対象としています。機能仕様文書は、作業アイテム と呼ばれる個々の要件に切離すことができます。作業アイテムは、個別に割り当てることができ、ステータスを表示したり、CAD文書の3D PDFなどの添付ファイルを含めたりすることもできます。作業アイテムIDを使用して、各CADモデルの要件をPolarionの元の作業アイテムまでトレースします。

  • 機械設計に向けた入力の編成
  • 設計および要件の変更を簡単に評価
  • コンプライアンスおよび品質基準に適合
  • Polarionソフトウェアに拡張可能
SE_2019

Solid Edge Technical Publication

Solid Edge 2019のデジタル製造アプリケーションにSolid Edge Technical Publicationsという新たなツールが追加されました。Technical Publicationを利用して正確な技術文書を印刷形式およびデジタル形式で3D CADモデルから直接公開することができます。 例えば、テクニカルイラスト、インストールおよびサービスマニュアル、インタラクティブなパーツリストおよびカタログなどのエンジニアリング文書を作成することができます。

  • 作成:テクニカルイラスト、グラフィック、文書を3DCADモデルから直接作成します
  • パブリッシュ:PDF、3D-PDF、HTML5を含む標準的な文書形式で保存します。
  • 共有:デスクトップ、ラップトップ、モバイルデバイスから、クラウド上の新しいSolidEdge Portalに技術文書をアップロードして保存・共有します。共同作業者はすべての文書を単一のzipファイルでダウンロードできます。
SE_2019





製品一覧