• 製品案内
  • 受託解析・開発
  • 実績・事例
  • セミナー
  • サポート
  • 資料ダウンロード
  • お問い合わせ

Solid Edge ST9の紹介

SE_ST9_header-imag.jpg
3Dモデリング

パーツ環境

ソリッドスイープ

ソリッドスイープ ドリルビットの歯またはバレルカムのウェルの作成などの工作機械操作の場合、 工作されるパーツの写実的な面を正確に表現するには、通常の切り抜きフィーチャでは十分でありません。 次の新しいコマンドを使用して、これらのソリッドスイープ突き出しフィーチャおよびソリッドスイープで 切り抜きフィーチャをモデリングすることができるようになりました。

複製ボディ

複製ボディ 新しい複製コマンドはパーツ環境で座標系(あるいはブロック)を作成することで 複製の幾何形状に利用することができます。

もともと複製コマンドはアセンブリ環境でパーツを不規則にパターン化する機能です。 複製コマンドを利用すると、正確な位置・向きに座標系やスケッチパターンを基準にして面、フィーチャ、ボディを 配置することが可能です。

スパイラルカーブ

スパイラルカーブ らせん状の曲線コマンド、および新しい渦巻きオプションらせん状の曲線パラメータダイアログボックスで 2次元渦巻き曲線を作成することができます。

マルチボディフィーチャー機能

マルチボディフィーチャ マルチボディの切り取り

切り取りフィーチャが交差するデザインボディとどのように相互作用するかを制御することができます。 この制御ではアクティブなボディだけでなく、非アクティブなボディも切り取りの対象に含めることが可能です。

マルチボディの丸めづけ/面取り

ST9から、異なるマルチボディから辺を選択して単一の丸み付け、 あるいは面取りフィーチャーを作成することができるようになりました。

モデル簡略化機能の強化(エンクロージャーフィーチャ)

エンクロージャこれまで、アセンブリ環境でのみ有効だったエンクロージャフィーチャが パーツ環境・シートメタル環境でも使用可能になりました。 選択したパーツ幾何形状の周囲でボックス・円筒を作成し、形状の簡略化に役立てることができます。 このエンクロージャはそれぞれに新しいボディを作成します。

アセンブリ管理機能の強化

アセンブリ内のユーザー設定要素プロパティ機能強化

アセンブリプロパティ要素のプロパティダイアログボックスのユーザー設定要素プロパティを追加ボタンを使用して、 アセンブリモデル内に配置されている各パーツ、構成要素、 およびサブアセンブリにメタデータを追加することができます。

幾何関係マネージャー機能の追加

幾何関係マネージャー アセンブリの幾何関係のテーブルが表示され、幾何関係を変更する方法が用意されています。 要素を選択した状態でコマンドを開始すると、これらの要素に関連付けられた幾何関係が表示されます。

アセンブリ環境の表示機能強化

アセンブリ表示

分離

〔分離〕コマンドでは、選択した構成要素のみ表示します。

表示を切り替え

〔表示を切り替え〕コマンドでは選択要素以外を 半透明のゴーストモードに切り替えます。

構成要素複製コマンドの強化

構成要素複製構成要素を複製コマンドを使用して、既存の座標系またはブロックを、アセンブリスケッチに配置して、 構成要素の位置と向きを指定することができるようになりました。

厚み付け/差/面置き換え(アセンブリ環境で機能強化されたシンクロナスツール)

asmシンクロナスツール

アセンブリ環境の面置き換え

アセンブリ環境で「面置き換え」機能が使用できるようになりました。 アセンブリ編集中に複数パーツの複数面をまとめて1面に置き換えることが可能です。 このコマンドではアセンブリ環境でパーツ編集モードに切り替える必要がありません。

厚み付け

厚みづけコマンドを使用して、アセンブリ内の隣接パーツの面から新しいパーツを作成できるようになりました 要素から面を見つけて選択します。 面から選択した内部面ループを包含、除外、または厚みづけします。 アセンブリのパスファインダで厚みづけされた面から新しいパーツを作成します。

アセンブリでは、シンクロナス差コマンドを穴を認識オプションと共に使用して、 パーツファイルで穴を認識できるようになりました。 例えば、パーツファイルで差コマンドを使用して作成したシリンダ切り抜き、 およびパーツファイルで穴コマンドを使用して作成されているねじ穴およびクリアランス穴を使用して、 対応する穴をアセンブリ内の別のパーツに作成できるようになりました。

Synchronous

シンクロナスとオーダードのハイブリッドモデリング環境

ハイブリッド シンクロナス環境とオーダード環境(履歴タイプ)のハイブリッド化がまた一歩進化を遂げました。 この機能強化ではシンクロナスモデリング時にオーダードモデリング環境で作成したフィーチャを オーバーラップ表示が可能です。

図面機能
図面ビューの向き変更

図面向き変更 図面ビューを作成した後に、図面ビューの向きを変更できるようになりました。 主投影ビューのビューの向きを変更すると、位置揃えされている正投影図面ビューが反応して、 主投影ビューと同様に向きが変更されます。 以前は、向きを変更するために、図面ビューを削除してから再生成する必要がありました。

背景シートの置き換え

背景シート置き換え 新しい背景を置換コマンドを使用して、1つのドラフト文書内の1つ以上の背景シートの内容を、 別のドラフト文書にコピーすることができます。 例えば、会社名、ロゴ、または表題ブロックを更新するドラフトのテンプレートの背景に変更を加えた後は、 背景を置換コマンドを使用して、既存の図面ファイルにそれらの変更を加えることができます。 このコマンドは、選択した背景シートタブのショートカットメニューで利用することができます。

公差テーブルの生成

新しいコマンド公差テーブル は、アクティブなシート、選択した図面ビュー、 または選択セットのはめあい寸法から値および許容差をリストするテーブルを生成します。 対象となるはめあい寸法は、寸法のコマンドバーで、寸法のタイプ=公差域クラス の寸法です。 はめあい公差テーブル

空のレイヤ削除

背景シート置き換え 新しいコマンド空のレイヤを削除 は、いずれの幾何形状にも関連付けられていないすべてのレイヤを削除します。 このコマンドは、2Dおよび3D環境のレイヤタブで使用可能です。 AutoCADファイルをSolid Edgeドラフト文書に移行するときには、 オリジナルのファイルにたくさんのレイヤがある傾向があります。 空のレイヤを削除コマンドを使用して、コンテンツを含んでいないレイヤを削除することができます。

スケッチ
ブロックに対応

スケッチ環境でブロックが使用できるようになりました。 アセンブリのレイアウト作成時や、ソリッドプロファイルに利用が可能です。 ブロック対応

スティックフォント

スティックフォント シートメタル製品のエッチングに最適なスティックフォントが追加されました。 一部のモデリングでは、スケッチ要素数、色、スタイル、および注釈がかなり重要になる可能性があります。 デザインでブロックを使用するとき、この機能が当てはまるかもしれません。 スティックフォント

Solid Edgeシミュレーション
曲面メッシュ内の四角形要素の最大化

四角形の曲面メッシュ要素は、三角形メッシュ要素よりも正確な解析ソリューションを作成します。 Femap 11.22の1つのオプションがSolid Edgeシミュレーションで利用できるようになり、 曲面メッシュ内に四角形要素をできるだけ多く作成し、三角形要素の数を最小にすることを指定します。 四角形要素の最大化

慣性逃げ機能の追加

慣性逃げ モデルに拘束を追加せずにモーションにおけるアセンブリの線形静的解析を実行することができるようになりました。

境界条件の[抑制/抑制解除]コマンド

境界条件抑制 解析幾何形状に対する個別の荷重や拘束の結果を抑制して評価することができるようになりました。 解析を実行するとき、抑制されている境界条件は処理されません。 "What-If"シナリオを利用するときに役立ちます。

Others

Cloud License

クラウド Solid Edge ノードロックライセンスに対応するクラウドライセンス機能が追加されました。 ノードロックライセンスからの切り替えで、Solid EdgeのライセンスアクティベーションをWeb経由で実行できます。 この機能を利用することで、Solid Edgeのフル機能をよりフレキシブルかつ簡単に利用できるようなります。 ライセンス設定、個人設定、最新のソフトウェア、コラボレーションがクラウド化されます。

変数テーブル機能の強化

公開変数

公開列と公開変数列を使用して公開のために選択した変数が、ダウンストリームで使用可能になりました。 これにより、それらの実数値をプロパティテキストで参照できるようになります。 公開された変数は、ファイルのプロパティダイアログボックスのカスタムタブを介さずに、 パーツリスト、テーブル、および注釈のプロパティとして直接使用することができるようになりました。 つまり、次のような操作が可能です。

3Dプリント

3Dプリント アプリケーションメニューの新しいソリッド印刷ページは、次の3D印刷関連コマンドと、パーツ、シートメタル、 またはアセンブリモデルの3Dプロトタイプを生成するために必要なその他の機能をグループ化します。

文書の検索と共有(高速検索とパックアンドゴー)

パックアンドゴー 新しいパックアンドゴーコマンドは、プロジェクトの文書の完全なセットをコピーしてパッケージし、 これによりこれらの文書を電子メールで顧客やベンダーに送信して共有できるようになります。 パックアンドゴーダイアログボックスで、オプションを設定して以下を実行することができます。

高解像度ディスプレイ対応

Solid Edge ST9では、高解像度モニター(3K、4K、およびそれ以上)に表示されるビットマップ、コントロール、 およびその他の図形要素のサポートが改善されました。 高解像度モニターのサポートはMicrosoftWindows 7とWindows 10の両方に対して用意されていますが、 Windows 10は優れた1インチあたりドット数(DPI)のスケーリング機能を提供します。





関連資料ダウンロード

  • Solid Edge 導入事例-7のPDFSolid Edge 導入事例-7
    コンシューマ製品/リテール
    革新的な高級腕時計の新規設計にSolid EdgeとInsightを活用している「Grossmann(ドイツ)」では開業当初からCADシステムの導入を決断していました。Solid Edgeを使うと、設計プロセスで多数発生する変更やバリエーションを、以前よりずっと迅速に処理できます。
    (PDF形式 4頁 1.4MB)
  • Solid Edge 導入事例-6のPDFSolid Edge 導入事例-6
    コンシューマ用/産業用エレクトロニクス
    「Costan SpA(イタリア)」は、Solid EdgeとTecnomatix Jack(人体シミュレーション)を使用して、ユーザのリスクを評価し、コストを大幅に削減しました。
    (PDF形式 5頁 2.4MB)
  • Solid Edge 導入事例-5のPDFSolid Edge 導入事例-5
    精密機器
    数々の賞に輝くレンズメーカー、「Cooke Optics(イギリス)」はSolid Edgeを活用し顧客の新製品需要に応えています。誤差20μm以下、複雑なジオメトリを持つ製品をフィーチャの取り扱いが簡単なSolid Edgeを用いてモデリング。更に、部品の重量計算や3Dによる動作表示などの機能も設計プロセスの軽減化につながっています。
    (PDF形式 5頁 1.96MB)
  • Solid Edge 導入事例-4のPDFSolid Edge 導入事例-4
    産業機械/設備
    Summits Hygronics Private Limited社(インド)は圧縮空気清浄器・ガス発生機/清浄機・産業用冷却システム製品を提供しています。Solid Edgeを使って鮮明な可視化とスマートな意思決定を実現。手戻りがほぼゼロに削減され、より良い製品を迅速に市場投入しています。
    (PDF形式 3頁 619KB)
  • Solid Edge 導入事例-3のPDFSolid Edge 導入事例-3
    医療機器/製薬
    歯科インプラント・メーカー、Solid EdgeとFemapを活用して新市場を開拓。
    バーチャルによる詳細な解析、先進的な設計・開発ツールを面に打ち出した企業ブランドとイメージの再生。インプラント開発の初期段階ら歯科医師と協働。
    (PDF形式 5頁 1.44MB)
  • Solid Edge 導入事例-2のPDFSolid Edge 導入事例-2
    航空宇宙/防衛
    コロンビアの航空宇宙産業のリーダー「Indaer Industrial Aeronáutica社」ではSolid Edgeを使って新しい大プロジェクトに投資し、全体の生産を40%向上させました。Solid Edgeを使用して過去のすべてのデータを再利用し、設計変更にも対応しています。
    (PDF形式 5頁 2.15MB)

  • Solid Edge 導入事例-1のPDFSolid Edge 導入事例-1
    産業機械/重機・自動車/輸送機器
    スチール・エンジニアリング企業として世界的に有名な「Electrotherm(インド)」では
    Solid Edgeを導入し、業務コストの削減・製品開発プロセスの改善、
    世界レベルの生産ラインを提供するための設計イノベーションの創出を実現しました。
    (PDF形式 3頁 901KB)
  • Solid Edge モデリング事例-1のPDFSolid Edge モデリング事例-1

    Solid Edgeの モデリング事例です。
    オートバイ トップブリッジモデルを、シンクロナス・テクノロジーを用いてモデリングします。
    Web版はこちら

  • Solid Edge モデリング事例-2のPDFSolid Edge モデリング事例-2

    Solid Edgeの モデリング事例です。
    ジグソー(電動のこぎり)を、シンクロナス・テクノロジーとサーフェス機能をを用いてモデリングします。
    Web版はこちら

  • Solid Edge 解析事例-1のPDFSolid Edge 解析事例-1

    Solid Edgeの FEA事例です。
    オートガレージドアモデルの板金部品をSolid Edgeシミュレーションを利用して最適設計します。
    Web版はこちら

  • Solid Edge 解析事例-2のPDFSolid Edge 解析事例-2

    Solid Edgeの 解析事例です。
    Solid Edgeシミュレーションを利用した設計者解析を芝刈り機前輪ユニットを題材にご紹介します。
    Web版はこちら

  • Solid EdgeカタログのPDFSolid Edgeカタログ
    Synchronous Technology
    Solid Edge(ノンヒストリ型フィーチャーベースCAD )のカタログです。

    (詳細資料をご希望の場合は送付先ご住所もお知らせ下さい)
  • Synchronous TechnologyのPDFSynchronous Technology
    Solid Edge(ノンヒストリ型フィーチャーベースCAD )の機能「シンクロナス・テクノロジー」の特長を紹介
    ( PDF形式, 全4ページ, 337KB )
  • I-DEAS to Femap/SolidEdgeのPDFI-DEAS to Femap/SolidEdge
    I-DEASからFemap/SolidEdgeへ乗り換える十分な理由

お問い合わせ

製品一覧