• 製品案内
  • 受託解析・開発
  • 実績・事例
  • セミナー
  • サポート
  • 資料ダウンロード
  • お問い合わせ

リリース情報(Ver.9)

ASTEA MACS (Ver.9) リリース情報 -2016年 1月-

DXF データインポート機能を搭載した「ASTEA MACS Ver.9」のリリースいたしました。
PDF ASTEA MACS Ver.9 概要(408.8KB)



NASTRANのメッシュデータ変換ツールの使用方法が変更になりました。
PDF FToolの使用方法変更について(141KB)

リストマーク PDF.Download: ASTEA MACS Ver.9 新機能ご紹介 macs_ca_ver9.png

No.1DXF データインポート機能が追加されます。

DXF ファイルから、点・線情報を読込み※、リフト分割・ブロック分割を行い、形状線(点)としてMACS に引き渡す機能です。
macs9_import.png

操作画面の紹介




No.2ヒートパイプ解析機能

1次元熱伝導要素を新規追加し、ヒートパイプ計算機能を実現

(ヒートパイプを用いたパイプクーリング工法は、鉄建建設株式会社が特許申請中です。

工法の利用については、鉄建建設株式会社にお問い合わせ下さい。)


No.3凍結潜熱の扱いを改良し、解析精度を向上
※ユーザーサブルーチンオプションが必要です


No.4E(ヤング率)、Ft(引張り強度)の表入力
λ(熱伝導率)、ρ(密度)、c(比熱)の表入力


No.5温度解析で並列処理「pardiso」を使用可能とします。(移流拡散ではCG法)
※ASEソルバーオプションが必要です



OTHERその他の機能

● ポストテンショントラス要素の改良
●形状線( 旧補助線)機能の強化
  • 円弧の追加
●表示制御の改良
  • 背景に格子線表示
  • ホイールボタンでの拡大/ 縮小
  • 視点制御の強化
● トラス要素にコピー機能、表示制御機能
● パイプ設定機能の強化
  • 設定機能の強化
  • 表示制御機能
● メッシュ作成機能の改良
  • 対辺の分割比の個別設定
  • 三角形状メッシュ生成に新アルゴリズム搭載
  • 節点の自動マージ
  • 要素編集画面の変更
  • 要素の細分化処理機能
  • マウスでの要素削除
●既設部のみの解析用時間刻み設定ボタン

2014年1月20日 ASTEA MACS (Ver.8.1.0) リリースいたしました。

PDF ASTEA MACS Ver.8 概要(549.2KB)

【 定型パターンの追加(砂防堰堤モデル) 】※Ver.8.1.6以降追加

砂防堰堤モデル2

ページの先頭へ

ASTEA MACS (Ver.7) リリース情報

 プリ処理では定型3パターン(橋台・ラーメン橋脚・小判型橋脚)が追加され、ハンチ接続部のメッシュ・定型パターン壁部の誘発目地を含むメッシュの自動作成機能が強化されました。また、理科年表の全国主要都市気温は最新のものに更新されました。

ソルバー機能としては高温度解析機能、日本建築学会乾燥収縮式が組み込まれました。

ポスト処理では円筒座標変換、外気温、温度歪を出力する機能などが追加され、使用者の利便性が図られました。

PDF ASTEA MACS Ver.7 概要(604.3KB)

【 追加機能の概要 】

■ Pre処理関連 ■

定型パターンの追加 目地の検討・ひび割れ幅算定モデル 熱伝達境界面(線)を自動認識

ハンチ結合部の自動メッシュ分割 都市気温のupdate・日本列島表示

■ Solver関連 ■

高温応力解析機能 AIJ乾燥収縮式 User Subroutineの引数追加

■ Post処理関連 ■

円筒座標系・要素座標系出力 外気温出力 温度歪の出力 モニター機能の改良

ページの先頭へ

※Ver.6は順次終了致します。

Pre処理関連

  • 定型パターンの追加(橋台・ラーメン橋脚・小判型橋脚)

1.橋台

橋台画像

2.ラーメン橋脚

ラーメン橋脚画像

3.小判型橋脚

小判型橋脚画像

ページの先頭へ

  • 目地の検討・ひび割れ幅算定モデル

1m間隔で10mmの目地部と片側150mmの付着喪失域

画像

目地部にボンドリンク特性を与えればひび割れ幅の算定も可能

注)ボンドリンク特性はオプション

画像

画像

ページの先頭へ

  • 熱伝達境界面(線)を自動認識

画像

ページの先頭へ

  • ハンチ結合部の自動メッシュ分割

画像

ページの先頭へ

  • 都市気温のupdate・日本列島表示

画像

ページの先頭へ

Solver関連

  • 高温応力解析機能

高温応力解析機能画像

ページの先頭へ

  • AIJ乾燥収縮式

AIJ乾燥収縮式画像

ページの先頭へ

  • User Subroutineの引数追加(相対湿度)

引数配列DTINTG(5,3)に相対湿度が加えられた

画像

ページの先頭へ

Post処理関連

  • 円筒座標系・要素座標系出力

円筒座標系・要素座標系出力画像

ページの先頭へ

  • 外気温出力

外気温出力画像

ページの先頭へ

  • 温度歪の出力

ポスト処理抽出画面にて温度ひずみを選択可能になりました。

温度ひずみは次のように算定します。
(温度ひずみ)=(全ひずみ)ー(弾性ひずみ)ー体積ひずみ)
    抽出時には
  • 全ひずみ
  • 弾性ひずみ
  • 体積ひずみ(乾燥収縮+自己収縮+膨張+クリープ)
  • 温度ひずみ
  • のいずれかを選び図化処理を行います。

ページの先頭へ

  • モニター機能の改良

モニター機能の改良画像

お問い合わせ

■ ASTEA MACS に関するお問い合わせはこちらから

メールでのお問い合わせお電話でのお問い合わせ

関連資料ダウンロード

  • ASTEA MACS Ver.9のPDFASTEA MACS Ver.9
    土木学会標準示方書(ひび割れ照査)対応
    マスコンクリートの3次元温度応力解析専用プログラム

    (詳細資料をご希望の場合は「資料請求」からお問い合せください。)
  • ASTEA MACS CSのPDFASTEA MACS CS
    マスコンクリートの3次元温度応力解析専用プログラム
    現場向けオートメッシュ搭載MACS

    (詳細資料をご希望の場合は「資料請求」からお問い合せください。)
  • ASTEA MACS-CS 受託解析のPDFASTEA MACS-CS 受託解析



    (詳細資料をご希望の場合は「資料請求」からお問い合せください。)

お問い合わせ

製品一覧