• 製品案内
  • 受託解析・開発
  • 実績・事例
  • セミナー
  • サポート
  • 資料ダウンロード
  • お問い合わせ

ATENA

鉄筋コンクリート構造の設計支援システム

概要

鉄筋コンクリートの静的非線形解析専用プログラム( 開発元 Cervenka Consulting )コンクリートのひび割れ(分散ひび割れモデル)、圧壊、鉄筋の降 伏などの非線形現象を有限要素法により解析します。
ATENAには、複数のパッケージがあり、パッケージごとに使用できる要素・物性モデル・機能が異なります。

参考図 参考図 参考図

応用例

梁・柱・壁・トンネル覆工コンクリートなどの終局耐力や破壊モードの解析、 プレストレストコンクリート、鉄板とコンクリートの合成構造

使用できる要素および物性モデル

ATENAでは、ソリッド要素、埋め込み鉄筋要素、線形・非線形バネ支承要素を使用できます。
その中で、ソリッド要素では、以下の物性モデルを使用できます。

  • 軸対称用弾性モデル
  • インターフェイスモデル
  • 鉄筋-コンクリート間の付着すべりモデル
  • Drucker-Prager則モデル
  • Von Mises則モデル
  • コンクリートモデル
    *等価1軸応力-ひずみ関係に基づく直行異方性モデル
    *破壊・降伏基準を用いた破壊・塑性モデル
    *マイクロプレーンモデル

また、埋め込み鉄筋要素では、以下の物性モデルを選択できます。

  • 弾性モデル
  • 塑性モデル(バイリニア型およびマルチリニア型)
  • 繰り返し経路を考慮した鉄筋モデル

なお、ATENAは、複数のパッケージに分かれており、使用できる物性モデル等がパッケージごとに異なります。

特徴

専用GUIにより構成則のパラメータの指定や境界条件の設定を簡単に行える。
離散鉄筋は 節点の位置と無関係に任意に設定できる。
解析中に変形図やひび割れ図の表示を行うこともできます。

関連資料ダウンロード

  • ATENAのPDFATENA
    鉄筋コンクリート構造の設計支援システムATENAのカタログ(2ページ)です。

    (詳細資料をご希望の場合は送付先ご住所もお知らせ下さい)

お問い合わせ

製品一覧