• 製品案内
  • 受託解析・開発
  • 実績・事例
  • セミナー
  • サポート
  • 資料ダウンロード
  • お問い合わせ

Actran概要

概要

  1. FEMによる解析:有限要素と無限要素
    ・閉空間は有限要素、開空間は無限要素によりモデル化  ・閉空間、開空間での放射音解析
  2. 無反射境界処理(開空間)として3つの手法を有する
    ・無限要素  ・PML  ・APML
  3. 音響メッシュ自動作成と放射音解析のスクリプトによる自動化
  4. 放射音の寄与度解析
    ・要素寄与  ・パネル寄与  ・モード寄与
  5. 周波数応答解析と時刻歴応答解析
  6. 拡散音場の境界条件による透過損失解析
    ・残響室のモデル化が可能
  7. 各種解析・実験データの取込み
    ・線形FEM  ・非線形FEM  ・機構動作解析  ・実験データ
  8. 吸遮音材の考慮
    ・Biotモデル、周波数依存性のある材料物性値を考慮
  9. 空気粘性と熱伝導を考慮した音響エネルギーロスを計算
  10. 流体音解析で長年の実績
  11. 3つの流体音源のサポート
    ・Lighthill音源  ・Mhoring音源(対流項を考慮)  ・壁面近傍の圧力変動
  12. ファン騒音
  13. 簡易流体音解析(SNGR)
    ・定常流解析(RANS)からの音源を取得して流体音の解析を行う
  14. 流体、構造、音響の連成計算
    ・音響場に対しての流体、あるいは構造音源からの相互影響を考慮した解析が可能
  15. 優れた並列処理
  16. 多彩なポスト処理-音響現象の可視化、可聴化
  17. 大規模音響解析(DGM)
    ・対象周波数が4-5KHzの音響モデルで数億自由度の計算可能
  18. actranmodule_2.png

関連資料ダウンロード

お問い合わせ

製品一覧