• 製品案内
  • 受託解析・開発
  • 実績・事例
  • セミナー
  • サポート
  • 資料ダウンロード
  • お問い合わせ

構造音響連成解析

構造と音響の相互作用

nezumi.gif

構造・音響強連成解析―構造体と音響場の相互作用

  • 振動解析ソルバーを内蔵

  • ポーラス材の適用
    多孔質材を使用
    減衰、吸音、透過音など多層モデル化


  • Biotモデル
    Biotパラメーターで定義された要素
    周波数依存性材料特性の設定


  • 拡散音場のモデル化
    透過音解析


  • 吸排気系の解析(Intake & Exhaust)
    管内の共鳴、構造振動の共振、外部放射を同時に解析


吸音遮音効果の解析

kourensei02.png 吸遮音材の取扱い:
  • Biotパラメーターを使用して多孔質材を考慮した吸音・遮音効果を解析

ポーラス要素: Biot モデル
  • BIOTパラメータで定義された要素を使用
  • 材料特性 :
  • 固体相(skeleton properties )
    Young modulus, density,Poisson ratio
    空気相
    Flow resistivity (流れ抵抗) Porosity (多孔度)
    Tortuosity(迷路度)...

多孔質材のモデル化:
  • Elastic Porous、Rigid Porous、Moki Porous
    Delany Bazley Porous

拡散音場境界

音響透過損失を予測する際に有効な境界条件

  • 拡散音場(部屋のどこでも同じ音圧スペクトルになる)条件を乱数発生により多数サンプルを自動作成
  • 構造表面に直接、拡散音場境界を与えることが可能であるため、モデルがコンパクトになる
  • 音響メッシュにも境界条件を与えることが可能
kourensei03.png

シーリング(透過損失)fftlogo.png

ゴムシールを考慮した透過損失解析kourensei04.png

  • Step 1: 非線形FEMでのゴムの特性解析
  • kourensei05.png






  • Step 2: ゴムの非線形特性考慮、拡散音場入力での透過損失計算
  • kourensei06.png




関連資料ダウンロード

お問い合わせ

製品一覧