• 製品案内
  • 受託解析・開発
  • 実績・事例
  • セミナー
  • サポート
  • 資料ダウンロード
  • お問い合わせ

多電極の解析事例

epps-shunt.gif 二つのカソードが電源におのおのある抵抗値を持ってつながれている場合の電流分布を、短絡要素を使用して解析した事例を示します。
 解析モデルは、下図に示すように上段にアノード、下方左右に二つのカソードがあります。二つのカソードは、それぞれ0.05および0.1Ωの抵抗を介して電源につながれています。カソードの電流-電位曲線は、前解析のバイポーラ電極と同じです。この解析でも条件によっては、抵抗の大きなカソードにてバイポーラ現象が起きることもあります。

解析条件

電解液の電気伝導度 20S/m
   電流-電位曲線(カソード) 下図にカソードの電流ー電位曲線のグラフを示す。
   電流-電位曲線(アノード) η=5.0x10-5 i  η 過電圧(V)
                              i 電流密度(A/m2)

モデル形状

epps-shmesh.gif


カソードの電流ー電位曲線のグラフ表示

epps-shovfc.gif


解析結果の表示

等電位線図

epps-shcontou.gif

電流のベクトル表示

epps-shvector.gif

カソードの電流分布

epps-shcurrls.gif

カソード L 表面

epps-shcurrlb.gif

カソード L 裏面

epps-shcurrrs.gif

カソード R 表面

epps-shcurrrb.gif

カソード R 裏面

カソードの過電圧分布

epps-shovvllb.gif

カソード L 表面

epps-shovvlls.gif

カソード L 裏面

epps-shovvlrs.gif

カソード R 表面

epps-shovvlrb.gif

カソード R 裏面

関連資料ダウンロード

お問い合わせ

製品一覧