• 製品案内
  • 受託解析・開発
  • 実績・事例
  • セミナー
  • サポート
  • 資料ダウンロード
  • お問い合わせ

MAXETARO

maxetaro-banner.png

撹拌槽解析モデリング MAXETARO

はじめに

シミュレーションを行う際、定性的な傾向を短時間で把握したいということがあります。しかしツールの導入コストや運用コストがネックになる場合があります。 その対策として、OpenFOAMのようなフリーソフトを利用することも考えられますが、モデル化や設定などは手間がかかります。

RCCMはOpenFOAMや商用ツールにも利用できる撹拌槽解析向けの設計者CAEで利用できるモデリングシステム「MAXETARO」を開発いたしました。

従来、OpenFOAMで撹拌タンク用のメッシュを作成する際には、両面壁の作成や、不連続メッシュインタフェースの作成に多大な時間、手間をかける必要がありましたが、これらの処理を完全に自動化しました。

Excel上のフォームに撹拌タンク形状パラメータおよび計算条件を入力し、1クリックで自動的にOpenFOAM用のケースデータが作成されます。 3次元CAD形状を作る必要がありません。また、煩雑なOpenFOAM用のメッシュ作成が完全に自動的に生成できます。可視化にはParaViewが利用できます。

MAXETAROの解析プロセス

MAXETAROの解析プロセスを以下に示します。

maxetaro3.png

従来の解析プロセスでは、3次元CADまたは測定データから3次元化を行い、その形状にメッシュを作成し流体解析を行うプロセスをたどります。 MAXETAROでは、3次元形状の代わりに寸法値と解析の境界条件をExcelに入力するだけで、解析用メッシュと境界条件が設定でき、解析業務の効率化を図れます。

MAXETAROの使い方

MAXETAROは形状や寸法が異なる場合も短時間で設定でき、パラメータスタディにも対応します。

maxetaro1.png

MAXETAROでの簡単な形状変更例

MAXETAROの使い方応用編

撹拌インペラーには標準で、パドル翼、ディスクタービン翼、ヘリカルリボン翼を装備しています。また、パドル翼、ディスクタービン翼については、最大3段までの多段インペラーにも対応しています。 もしユーザーが独自に開発したインペラーを使いたい場合には、そのメッシュデータを商用コードのファイルとして用意しておけば、そのインペラー形状を使ったOpenFOAM用のケースデータを作成することが可能です。

maxetaro2.png

MAXETAROの円筒モデルにICEMCFDで作成したモデルを挿入した例

動作環境

・Windows7または10 (いずれも64bit)

・8GB以上のメモリ環境推奨

関連資料ダウンロード

お問い合わせ

製品一覧