• 製品案内
  • 受託解析・開発
  • 実績・事例
  • セミナー
  • サポート
  • 資料ダウンロード
  • お問い合わせ

動作環境・仕様・ファントム

推奨動作環境

OS Windows 7 / 8 / 10 (64bit)
CPU Intel® CoreTM i7、Intel® Xeon®
メモリ Standard Edition: 8GB以上
Extended Edition: 16GB以上
*解析可能なモデルの大きさはメモリに依存します
グラフィックス NVIDIA®, AMD系グラフィックカード
Intel® IrisTM Graphics
ディスプレイ 解像度 1280x1024 以上
ストレージ 空き容量 100GB 以上
*解析プロジェクトの保存に必要です
(外付けストレージでも可)

推奨CT撮影条件

撮影 X線CT装置による撮影画像
(形状だけであればMRI等でも可)
管電圧 120kV 程度
ガントリチルト
スライス間隔 大腿骨: 3mm以下、可能であれば1-2mm
椎骨: 2mm以下、 より高精度な形状には1mm
顎骨: 1mm以下、より高精度な形状には0.5mm
構成関数(出力時) 再構成を行わないか、軟部条件

*厳密にCT 値から密度値に変換するには骨塩定量ファントムと同時に撮影する必要があります

自動抽出対応骨塩定量ファントム

製品名製造
QRM-BDC QRM Quality Assurance in Radiology and Medicine GmbH
B-MAS200 京都科学

QRM-BDCのご購入についてはこちらよりお願いします。

*その他のファントムもロッドを任意指定することで用いることが可能です

お問い合わせ/資料請求

関連資料ダウンロード

製品一覧