• 製品案内
  • 受託解析・開発
  • 実績・事例
  • セミナー
  • サポート
  • 資料ダウンロード
  • お問い合わせ

メッシュ生成アルゴリズム

様々なメッシュ生成アルゴリズムに対応

■テトラメッシュ

メッシュ生成アルゴリズムとしてデローニ法のみに対応しているメッシャーが多い中、ANSYS ICEM CFD は下記の3つの手法に対応しています。

Octree法(八分木法)

表面メッシュを必要とせず、直接ボリュームメッシュを作成していくアルゴリズムです。
形状データの不具合に強く、設定次第では微細な形状を割愛しながらメッシュを切ることも可能であり、形状の自由度が非常に高いといえます。また、ボリュームメッシュを直接生成するため、表面メッシュの準備の必要がなく、確実にメッシュが生成できる手法です。
さらに大きな特長としては、メッシュの粗密の調整が容易な点です。例はこちら

octree.png

Delauney法(デローニ法)

一般的に最も多く使用されるメッシュ生成アルゴリズムです。
表面メッシュからボリュームメッシュを生成する方法としてはロバスト性が比較的高くメッシュ生成時間も短くメモリ効率もよいのが特長です。そのため、大規模複雑なものに対するメッシュ生成に向いています。

delaunay.png

Advancing Front法(前進先端法)

表面メッシュを準備する必要があるのはDelauney法と同じですが、ボリュームメッシュの生成方法が異なるため、より品質の高いメッシュを生成できます。その一方で、3手法の中では一番メッシュ生成が出来ない可能性が高いアルゴリズムでもあります。品質重視のメッシュ生成に多く使われます。

advancingfront.png

■ヘキサメッシュ

ANSYS ICEM CFD の大きな特長の一つは、ヘキサメッシュ生成に強い点です。様々なメッシュアルゴリズムとともに、強力な修正機能を用いることで、良質なメッシュを作成することが可能です。

ブロッキング

トップダウンアプローチにてブロックを作成し、六面体要素を生成します。

ICEM Hexa Blocking.png

カーテジアンメッシュ

階段状メッシュを指します。自動で大規模なメッシュも高速に作成することが可能です。
一般的に最も多く使用されるメッシュ生成アルゴリズムです。

stairstepcartesian.png

ボディフィットカーテジアンメッシュ

階段状メッシュを形状にフィットさせたメッシュです。境界層を挿入することも可能です。

BFcart.png

■ハイブリッドメッシュ

プリズムメッシュ(レイヤーメッシュ)

境界層付近の物理現象を表現可能です。 メッシュ品質をチェックしながらプリズムメッシュを生成できます。
プリズムメッシュ生成後のメッシュ分割、再配分も可能です。流体解析だけでなく、構造解析にも有益です。

prism.png

ヘキサコアメッシュ

複雑部分のみテトラメッシュで、多くをヘキサメッシュで作成します。

hexacore.png

ヘキサ主体メッシュ

テトラメッシュ生成後に、可能な部分のみヘキサメッシュに変換できます。



メッシュ生成アルゴリズムや、メッシュ生成手法についてご不明の点は下記よりお問い合わせください。

お問い合わせ

関連資料ダウンロード

製品一覧