• 製品案内
  • 受託解析・開発
  • 実績・事例
  • セミナー
  • サポート
  • 資料ダウンロード
  • お問い合わせ

トップダウンメッシング

CAD形状の修正を求めないメッシュ生成思想

ANSYS ICEM CFD は、表面メッシュを切ってからボリュームメッシュを作成するメッシング手法だけでなく、
ボリュームメッシュを直接切るトップダウンメッシング手法を実装しています。

この機能により、CAD形状とメッシュを独立して管理でき、形状を変えた時にメッシュだけを変更することが可能です。そのため、ソリッドデータがなくてもメッシュ生成が可能です。

結果として、下記のような不完全または過度に詳細な形状を許容し、CADに対してロバストなメッシュ生成が可能です。

  1. 細長い面
  2. スプライン形状とファセット形状の混在
  3. 微小面
  4. 面と面が重なっている場合
  5. ギャップ(隙間、穴)のある形状
  6. ミリオーダーとミクロンオーダが混在しているような複雑形状


ICEM Gap.png

上記のように形状に不具合のある場合に、形状を修正することなくメッシュを作成する手法「トップダウンメッシング」に興味のある方は、下記より資料をダウンロードしてご確認ください。

また本ソフトウェアについてご検討されている方は、下記までお問い合わせください。

お問い合わせ

関連資料ダウンロード

製品一覧