• 製品案内
  • 受託解析・開発
  • 実績・事例
  • セミナー
  • サポート
  • 資料ダウンロード
  • お問い合わせ

NX Nastran 拡張機能

アドバンスト非線形解析

ADINAの非線形解析技術を導入した構造解析モジュールによる非線形解析を提供します。 大変形を起し、剛性特性や荷重が大きく変わる飛び移り座屈解析、超弾性材料や降伏限界を超えた応力発生による塑性領域の挙動、 接触状態を考慮した解析が可能です。

ソリューション

  1. 非線形静解析・非線形過渡解析
  2. 非定常熱伝導解析
  3. 陰解法と陽解法 (過渡解析)

材料非線形

  1. 弾塑性(Bi-Linear型応力ひずみ関係、多直線型応力- ひずみ関係。多軸応力状態を考慮可能)
    ・Von Mises
    ・等方硬化則、移動硬化則、等方+移動硬化則
  2. 弾塑性クリープ(陰解法)
  3. 超弾性 (Mooney-Riulin 、Ogden など)

幾何非線形

  1. トータルラグランジュ (大変形・微小ひずみ)
  2. アップデーテッドラグランジュ (大変形・大ひずみ)シェル要素で、板厚が薄くなる状況を考慮可能

要素間の接合条件

  1. 面-面接触、線-線接触
  2. ボルトプリロード(非線形静解析)
  3. 接着結合
  4. 剛体要素

非線形求解法

  1. ラインサーチ法+Newton-Raphson法
  2. 荷重変位制御(LDC)法
  3. 自動時間割分(ATS)法
  4. 低速動解析オプション
  5. エネルギー、力、変形の収束基準
  6. Newmark 法による動的陰解法

その他

  1. 要素生成(Birth)機能、要素削除(Death)機能
  2. 非定常熱伝導解析-非線形過渡解析の強連成解析、弱連成解析

ローターダイナミクス

回転系のモデルに作用するジャイロ効果(コリオリ(Coriolis)力および遠心力)を考慮した解析を提供します。 モーダル複素固有値解析により、回転ローターに対する高速回転(whirl)モードを計算します。 幾何剛性(硬化)および遠心性軟化(centrifugal softening)も考慮されます。

出力

  1. 回転(Whirl)モード : 回転速度と共に変化するシステム・ モーダル周波数
  2. 危険速度:回転速度=モーダル周波数(Campbell ダイアグラム)
  3. 複素モード形状

最適化解析

最適化とは、設計目標に対して最適の解を導くためのプロセスのことです。 構造物の各要素の特性 (梁断面・板厚等)を設計変更パラメータとして、それに伴う応答量(変位、応力、固有振動数など)を 目標値に近づけます。線形静的解析、実固有値解析、座屈解析、動的解析などで使用できます。





関連資料ダウンロード

製品一覧