• 製品案内
  • 受託解析・開発
  • 実績・事例
  • セミナー
  • サポート
  • 資料ダウンロード
  • お問い合わせ

操作例1 - 熱力学平衡計算

例題

銅-スラグ-マット系の 1250℃ での平衡状態を計算する( 銅冶金関連 )。
系の組成は下の表のとおり。 平衡状態で O2 の分圧が 10-8 atm となるように設定。
FeO, SiO2 の比率を変更して、平衡状態で安定な物質を調べる。


物質 重量[g] 物質 重量[g]
FeO 35-65 Cu 100
SiO2 40-10 Cu2S 100
Fe3O4 5 Pb 0.001
Cu2O 20 Zn 0.001

操作の流れ

  1. 反応物質を入力
  2. 平衡状態で生成する可能性がある物質を選択
  3. 温度、圧力、その他の条件を入力して、計算開始
  4. グラフを描く


操作

fs-equi-01.png


fs-equi-02.png


fs-equi-03.png


fs-equi-04.png

計算結果: 粗銅、マット、スラグの比率とその成分が表示される。画面の下のほうにはスピネルが表示されている。


fs-equi-05.png


fs-equi-06.png

FeO と SiO2 の比率を変化させたときの、 SiO2 やスピネルの生成量がわかる。

関連資料ダウンロード

お問い合わせ

製品一覧