• 製品案内
  • 受託解析・開発
  • 実績・事例
  • セミナー
  • サポート
  • 資料ダウンロード
  • お問い合わせ

セミナー・イベント

【射出成形シミュレーション】有効活用セミナー ~樹脂流動解析を効果的に活用する方法~

■ご案内

 樹脂流動解析の必要性や有効性をご理解して頂くために、活用方法をご紹介するセミナーを開催しております。今回は、構造解析との連成化学発泡における課題の解決Moldflow2017による効果的な活用方法についてご紹介いたします。また、セミナー終了後に個別相談を受け付けておりますので、ぜひご活用ください。
 ご参加をお待ちしております。

■セミナー内容

13:10-13:30 (受付)
13:30-14:20 第1部 成形プロセスを考慮した構造解析の必要性

Moldflowfig1_20160414.jpg 正確に樹脂製品の強度を予測するためには、射出成形プロセス(樹脂流動)による繊維配向などの物性値のばらつきを考慮する必要があります。樹脂流動結果の考慮有無による製品強度の比較など、実際に樹脂流動解析Moldflowと構造解析Simulation Mechanicalのデモを行いながら、ご紹介いたします。

(14:20-14:30) (休憩)
14:30-15:20 第2部 発泡成形(MuCell/化学発泡)の課題を解析により解決

Moldlfowfig2_20140414.jpg 最新バージョンMoldflow2017では、化学発泡成形に対応しました。既存解析機能であるMuCell解析は、前提として溶融樹脂への超臨界流体(SCF)注入が物理的でしたが、Moldflow2017では化学発泡剤(CBA)に対応しました。発泡成形解析の機能や解析フローを、解析デモとあわせてご紹介いたします。

(15:20-15:30) (休憩)
15:30-16:20 第3部 樹脂流動解析の効果的な活用・運用方法

Moldflowfig3_20160414.jpg 最新バージョンMoldflow2017の機能紹介を解析デモとあわせてご紹介いたします。Moldflow2017では、メッシュモデルをダイレクトに編集し形状修正が可能になりました。Moldflow2017を開発初期段階から活用することで、解析時間を短縮しタイムリーに解析結果を開発にフィードバックさせ、低コストで高品質な製品の実現が可能になります。

16:20-16:30 Q & A
16:30-17:30 個別相談会 *ご希望者(先着順)

■開催要項

日  時 大阪:2016年6月28日(火) 13:30~16:30 (受付開始13:10)
東京:2016年6月30日(木) 13:30~16:30 (受付開始13:10)
会  場 
MAP
大阪:株式会社計算力学研究センター 大阪支店
  *大阪府西区新町1-3-13 四ツ橋セントラルビル 6F会議室
東京:株式会社計算力学研究センター 東京本社
  *東京都品川区戸越1-7-1 戸越NIビル 8Fセミナールーム
費  用 無料(事前申込制)
対  象 ・樹脂流動解析の必要性を感じておられる方
・樹脂流動解析ソフトの導入をご検討されている方(今後、ご検討されたい方)
・樹脂射出成形製品や金型の開発・設計・製造に携われている方
・成形不良や樹脂製品の強度解析でお困りの方
定  員 大阪会場:15名様
東京会場:15名様 *各会場共に定員に達した時点で締切させて頂きます。
ご案内リーフレット(pdf)

■お申込み

下記よりお申込み下さい。
*お申込み締切:2016年6月20日(月)
*定員に達した時点で締め切らせて頂きますので、お早めにお申込み下さい。

大阪開催 2016年6月28日(火) 13:30~16:30 (受付開始13:10) 【大阪】お申込みは【こちら
東京開催 2016年6月30日(木) 13:30~16:30 (受付開始13:10) 【東京】お申込みは【こちら

*同業他社様からのお申し込みは、参加をお断りさせていただいております。
*掲載内容は、変更する場合がございますので、あらかじめご了承下さい。

■お問い合わせ

 下記よりお問い合わせ下さい。担当者よりご連絡させて頂きます。



■製品情報

ページの先頭へ

セミナー・イベント一覧へ戻る