• 製品案内
  • 受託解析・開発
  • 実績・事例
  • セミナー
  • サポート
  • 資料ダウンロード
  • お問い合わせ

セミナー・イベント

メッシングテクノロジーセミナー(基礎編)開催 (終了)

2011/4/22(第一回)、2011/6/3(第二回)に開催いたしましたメッシングテクノロジーセミナーは、

両日とも満席でおかげさまをもちまして盛況のうちの終了いたしました。

今後も皆様のお役にたつセミナーを企画しますのでどうぞよろしくお願い申し上げます。

 meshing_0502.jpg

 会場の様子

 

 

 

メッシングテクノロジーセミナー開催概要

このたび当社は、前回4月に開催してご好評をいただいたため、メッシングに特化した「メッシングテクノロジーセミナー(基礎編)」の2回目を開催いたします。

本セミナーを開催するに至ったのは、そもそもいい解析結果を得るためには「どんなメッシュがいいのだろう?」という課題に対し、当社ができることはないだろうか、と考えたことがきっかけでした。

世の中を見渡しても、ソフトウェアの操作方法を学べる場や、学問的な観点から現象をとらえた講義、解析そのものに焦点を当てたセミナーは多くありますが、メッシュが解析精度や収束時間を左右するにも関わらず、メッシングに焦点を当てた情報を得られる機会は少ないと感じておりました。

当社は15年以上に渡り、メッシャーの開発、受託解析、汎用メッシャーの販売・サポートを行ってまいりました。その過程で、実際にお客様がお持ちの大規模、複雑な形状のモデルのメッシュ作成業務を行い、いい結果が得られるメッシュをご提供するため、試行錯誤を繰り返しながら、お客様の課題に何とかお応えする努力をしてまいりました。最新の知見を求めて海外の学会にも毎年参加し、研究も続けております。それでもこうすればいいという唯一絶対の究極解は得られておりません。

しかし、メッシュを切る上での問題解決のノウハウは、解析の現場でご苦労されている皆様に、お役にたてる部分があるのではないかと考えました。

そこで本セミナーでは、長年にわたり、多くのお客様の業務をやらせていただく中で培ったメッシングに関する問題解決のノウハウの中から、まずはメッシュに関する基本的なノウハウや手法を「基礎編」として、できるだけわかりやすく、しかも無料でご提供いたします。

  • これから解析をはじめられる方
  • 基本からメッシュに関する体系的な理解を得たい方
  • 現在のメッシュに満足せず、よりよいメッシュ生成の方法やノウハウを学びたい方
  • 社内で後輩の指導を行っているシニアエンジニアの方

◆開催要項

  • 日時: 2011年6月3日(金) 13:30~16:30(受付13:00)
  • 参加費: 無料
  • 定員: 30名(定員に達した時点で締切りとさせていただきます)

◆アジェンダ

13:30~14:00 メッシュの全体像を知ろう
  • メッシュとは?
  • いいメッシュとは?
  • メッシュ手法あれこれ
14:30~15:00 六面体メッシュについて知ろう
  • 六面体メッシュの特長
  • おきて破りの六面体
  • 自動メッシュ生成はなぜ難しい?
  • 効率的なメッシュ作成方法とは?
  • 将来、六面体メッシュはどうなる?
15:00~15:20 休憩
15:20~16:20 四面体メッシュについて知ろう
  • 四面体メッシュの特長
  • 自動であるがゆえの問題点とは?
  • 四面体メッシュの作り方あれこれ
  • 効果的なメッシュ手法の使い分けとは?
  • 複雑大規模メッシュをどう切るか?
16:20~16:30 質疑応答

meshingshiryo.jpg

セミナーの資料(全86ページ)をご希望の方はこちらまで




セミナー・イベント一覧へ戻る