• 製品案内
  • 受託解析・開発
  • 実績・事例
  • セミナー
  • サポート
  • 資料ダウンロード
  • お問い合わせ

セミナー・イベント

コンクリート工学年次大会2012<広島>(終了)

ご来場頂きありがとうございました。

  • 日程 / 2012年7月4日(水)~7月6日(金)
  • 会場 / 広島国際会議場
  • ブース№ / 45
  • 展示内容 / 「コンクリートの非線形解析プログラム」
    3次元温度応力解析専用プログラム「ASTEA MACS Ver7」には「橋台」「小判橋脚」「堰堤」等、様々な定型構造の自動メッシュ作成機能等が加わりました。
    その他、長期耐久性評価プログラムの新バージョン「LECCA 2 Lite」、ひび割れ解析プログラム「ATENA」等を展示いたします。
  • 技術紹介セッション
    「ASTEA MACS によるひび割れ幅解析例」
    7/5(木)10:40~11:00
    【 内 容 】
    ASTEA MACS Ver7 においてはボンドリンク要素又は接合要素を用いた離散ひび割れモデルによるひび割れ幅計算が可能であります。
    技術セッションにおいては、要素の機能検証とひび割れ制御実験を例題とした解析結果について説明致します。



arrow_b.gif ASTEA MACS

セミナー・イベント一覧へ戻る