• 製品案内
  • 受託解析・開発
  • 実績・事例
  • セミナー
  • サポート
  • 資料ダウンロード
  • お問い合わせ

セミナー・イベント

~設計者のための~ 機構・構造連成(連携)解析セミナー

(株)計算力学研究センター(RCCM)では、設計者の方、解析初級者の方向けの、可動部品の繰り返し強度の評価のための機構・構造連携シミュレーションセミナーを開催いたします。

可動部品評価のための機構・構造連携シミュレーションセミナー

 最近では、構造・熱流体・機構など、分野をまたがっての連成解析をすることが多くなってきております。
 それもCAE専任の技術者だけが取り組むのではなく、 設計プロセスの中にシミュレーションを取り入れて設計評価のための解析をすることも見られるようになってきました。

 本セミナーでは、可動部品の設計業務をされていて解析も試したい方、これから解析をやってみようと思っている方に向けて、可動部品の評価に役立つ機構・構造連携シミュレーションの基礎をご紹介いたします。
当日は、解析事例のご紹介も予定しております。(ハイエンドCAD「NXミドルレンジCAD「Solid Edgeのシミュレーション機能をご覧いただけます。)
可動部品の評価をもっと効率よく解析したいお客様、機構・構造連携解析(疲労評価)をこれから始めたいと思っているお客様、ご興味をいただいたらぜひご参加ください。

可動部品評価のための機構・構造連携シミュレーションセミナー 解析例イメージ

 お席に限りがありますので、ご都合がよろしければすぐお申し込みくださいませ。お待ち申し上げております。

◆アジェンダ

13:30~14:10 (1) 機構解析を利用した疲労評価の概要
 可動部品の評価に役立つ機構・構造連携シミュレーションについて
14:10~14:50 (2) 機構・構造デモンストレーション (NX) 
 ハイエンドCAD/CAM/CAE「NX」を使った解析事例のご紹介。
14:50~15:00 休憩
15:00~15:30 (3) シンプリモーションデモンストレーション (Solid Edge) 
 ミドルレンジCAD「Solid Edge」を使った解析事例のご紹介。
15:30~15:40 ソフトウェア「NX」、「Solid Edge」のご紹介
15:40~16:00 質疑応答

◆開催概要

  • 日 時:  2013年5月30日(木) 13:30~16:00 (受付 13:10~)
  • 参加費:  無料
  • 定員:   50名(定員に達した時点で締切りとさせていただきます)
  • 開催場所: 五反田ゆうぽうと 5F
              〒141-0031 東京都品川区西五反田8-4-13
              ・東急池上線「大崎広小路駅」徒歩約1分
              ・都営地下鉄・JR「五反田駅」西口徒歩約5分
              地図はこちら http://goo.gl/maps/dgWzo

◆お申込み

開催3日前まで、お申し込みを受け付けております。
下記よりお申込み下さい
お申込み

同時・近日開催セミナー情報

セミナー・イベント一覧へ戻る