ソース Text

可視化ソフトウェアParaViewのSourcesに含まれるTextは、ビューア上に文字を表示するのに使われます。

 Sources > Text

使用法は、まず、Textエリアに文字を記述し、Applyボタンをクリックします。(日本語のような非アスキー文字は未対応で不可です)

Apply後には、詳細な設定を行うことができます。

Text Prop Modeでは

  • 2D Text Widget
  • Flagpole Actor
  • Billboard 3D Text

を選択できます。

2D Text Widget

Billboard 3D Textを使用すると、画面上の2D座標にテキスト位置を指定できます。

Text Positionで、下記のモードがあります。

  • Use Window Location:規定位置(左上、上、右上、左下、下、右下)で指定
  • Use Coordinates:マウスのドラッグ&ドロップによる指定

また、Background Propertiesでパラメータを変更することで、文字背景のデコレーションができます。

Show Backgroundは、文字背景のデコレーションをいつ表示するかどうかを設定します。

  • Never: 表示しない
  • Always: 常に表示
  • Only on hover: カーソルがテキスト上にあるときだけ表示
Background_prop

Flagpole Actor

Flagpole Actorを使用すると、吹き出し風のテキストにすることができます。

Flagpole_Actor

Billboard 3D Text

Billboard 3D Textを使用すると、3Dの位置座標にテキストを置くことができます。

テキストを置く位置は、下記の操作で決めます。

  • マウスでドラッグして移動
  • マウスのカーソル位置に移動('P'キー)
  • マウスのカーソル位置に一番近いメッシュ点にスナップ('Ctrl+P')
Billboard_3D_Text

添付ファイル: fileFlagpole_Actor.png 60件 [詳細] fileBackground_prop.png 63件 [詳細] fileBillboard_3D_Text.png 61件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-01-07 (金) 12:11:29 (134d)