フィルター Python Annotation

可視化ソフトウェアParaViewの"Python Annotation"フィルターを使うとデータに含まれる様々な情報を、ビューア上に文字で表示できます。

 Filters > Alphabetical > Python Annotation

例えば、ポイント上にある"DistanceToCenter"という変数について、点IDが10の値を表示したい場合は、

 Cell Type: Point Data

を指定し、"Expression"に

Everything is expanded.Everything is shortened.
  1
  2
 
 
'dist: {}'.format(DistanceToCenter[10])

を記述しますと、下図のように、ビューア上に点IDが10の点におけるDistanceToCenterの値が表示されます。

python_annotation例

また、座標や時間関係の変数には、決められた名称でアクセスできます。

座標points
現在の時間time value, t value
現在の時間ステップtime index, t index
利用可能な時間ステップtime steps, t steps
入力に含まれる時間の範囲time range, t range

添付ファイル: filepython_annotation.png 16件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-07-20 (月) 21:00:11 (21d)