ヘキサコアメッシュ

ヘキサコアは、表面メッシュは三角形メッシュ、境界層近辺はプリズムメッシュ、内部はヘキサメッシュからなるメッシュです。三角形やプリズムとヘキサメッシュをつなぐ遷移部分は、ピラミッド要素とテトラメッシュから成ります。

ヘキサコアメッシュの例

下図は、ANSYS ICEM CFDで切ったヘキサコアメッシュの例です。

ICEM CFDヘキサコア

下図は、ANSYS Fluent Meshingで切ったヘキサコアメッシュの例です。

Fluent Meshingヘキサコア

Mosaicポリ-ヘキサコアメッシュ

ANSYS Fluent Meshingに導入されているMosaicポリ-ヘキサコアメッシュは、特殊なヘキサコアメッシュです。

こちらは、表面メッシュが多角形、境界層は多角形を押し出したメッシュ、残りの大部分を8分木のヘキサメッシュが占めます。表面や境界層メッシュとヘキサメッシュをつなぐ遷移部分は、多面体要素からなります。

Mosaicヘキサコア

Mosaicヘキサコアメッシュは、従来のヘキサコアメッシュに比べ、遷移部が多面体要素となるため、セル数が大幅に減少し、それに伴い、解析時間も短縮させることができます。また、同時に、計算精度は落ちないとされています。

メッシュ生成は、並列化との相性が良く、高速に行える特徴があります。


添付ファイル: fileansys_meshing_mosaic.png 109件 [詳細] fileansys_meshing_hexa_core.png 94件 [詳細] fileICEM_CFD_hexa_core_example.png 1089件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-04-20 (火) 10:23:09 (187d)