マルチブロックデータの表示

可視化ソフトウェアParaViewで、マルチブロックデータを表示する場合は、Multi-Block Inspector機能を使用すると便利です。

マルチブロックデータの確認

形状の種類がマルチブロックデータであることを確認するためには、Informationタブを使用します。

① "Pipeline Browser"で確認したい形状を選択する

② マルチブロックデータの場合は、Informationタブの"Data Hierarchy"に"Multi-block Dataset"と表示されます。また、"Statistics"のTypeに"Multi-block Dataset"と表示されます。

 マルチブロックデータの確認

Multi-block Inspectorタブの表示

メニューバーの

 View > Multi-block Inspector

を選択すると、Multi-block Inspectorタブが現れます。

 Multi-block_Inspectorタブの表示

特定ブロックの表示/非表示

Multi-block Inspector上から、特定ブロックの表示/非表示をツリーのノードのチェックを切り替えることで行うことができます。下図では、wall_xpブロックのノードのチェックを切り替え、表示/非表示を切り替えています。

 特定ブロックの表示

 

 特定ブロックの非表示

なお、ツリー上でノードを選択すると選択状態になる場合があります。これを解除するには、選択メニューのごみ箱アイコンをクリックします。

 選択状態の解除

特定ブロックのブロックカラーの変更

Multi-block Inspectorで、特定ブロックのブロックカラーを変更することができます。下図では、wall_xpブロックに対応するノードの色を青色から黄色に変更しています。

 特定ブロックの色の変更

なお、各ブロックのノードの左にある色アイコンの意味は以下となります。

 カラーアイコンの意味

また、元の状態に戻したい場合は、対象ノード上で右クリックし、"Reset Block Color(s)"をクリックします。

特定ブロックの不透明度の変更

Multi-block Inspectorで、特定ブロックの不透明度を変更することができます。不透明度の数値の意味は0のとき完全透過、1のときは不透過となります。下図では、wall_ymブロックのノードに対応する透過度を30%に変更しています。

 特定ブロックの不透明度の変更

なお、各ブロックのノードの左にある不透明度アイコンの意味は以下となります。

 不透明度アイコンの意味

また、元の状態に戻したい場合は、対象ノード上で右クリックし、"Reset Block Opacities"をクリックします。


添付ファイル: filewall_xp_disable.png 67件 [詳細] filewall_xp_enable.png 86件 [詳細] filereset_selection.png 75件 [詳細] fileopacity_icon.png 74件 [詳細] fileMulti-block_Inspector_tab.png 76件 [詳細] fileconfirm_data_type.png 82件 [詳細] filecolor_icon.png 69件 [詳細] filechange_block_colors.png 77件 [詳細] filechane_opacity.png 78件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-02-15 (金) 15:58:29 (151d)