メッシュの出力形式(Gmsh)

オープンソースの3次元有限要素メッシュ生成ツールであるGmshで作成したメッシュは、下記のような様々なメッシュ形式で出力可能です。

*.mshGmsh Msh
*.inpAbaqus INP
*.celumCELUM
*.cgnsCGNS
*.diffDiffpack 3D
*.unvI-deas Universal
*.ir3Iridum
*.medMED
*.meshINRIA Medit
*.mailCEA Triangulation
*.mMatlab
*.bdfNastran Bulk Data File
*.stlSTL Surface
*.wrlVRML Surface
*.vtkVTK
*.datTochnog
*.ply2PLY2 Surface
*.su2SU2
*.neuGAMBIT Neutral File

GUIで出力する場合

GUIでファイル形式を指定するには、

 File > Export...

から現れる窓で、"ファイルの種類"で、出力するファイル形式を、"Mesh -"と付いたファイル形式から選択します。

ファイルフォーマットの選択

コマンドで実行する場合

コマンド実行でメッシュを作成する場合は、"format"オプションで、出力するファイル形式を、下記のように指定します。

 gmsh sample.geo -2 -format vtk -o sample.vtk

添付ファイル: fileselect_mesh_format.png 159件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-04-28 (水) 19:33:45 (179d)