メッシュの高次要素化(Gmsh)

オープンソースの3次元有限要素メッシュ生成ツールGmshでは、メッシュを任意多項式次数の要素に変換することができます。

メッシュの次数を変換するコマンドは、ツリー上にあり、実行するには、それぞれをクリックします。

  • Set order 1: 1次要素に変換
  • Set order 2: 2次要素に変換
  • Set order 3: 3次要素に変換
  • High-order tools: 任意多項式次数の要素に変換

  

高次要素のメニュー

High-order toolsコマンド

ツリー上の"High-order tools"コマンドをクリックすると、"High-order tools"窓が立ち上がります。

"High-order tools"コマンドにおける、高次要素化の設定オプションは下記です。

  • Only apply high-order tools to visible entities: 有効の場合は、表示されているエンティティのメッシュのみが高次化の対象
  • ___ Polynomial order: 多項式の次数の設定(指定次数-1の数の節点が、各エッジ上に追加)
  • Generate incomplete elements: 有効の場合は、エッジ上のみに節点を追加
  • Use CAD model to curve mesh: 有効の場合は、境界にある辺や面では、追加される節点が形状に射影

実行は、"Generate"ボタンをクリックします。

high_orderツール

Generate incomplete elementsオプション

"Generate incomplete elements"オプションが有効の場合は、エッジ上のみに節点を追加し、無効の場合は、面上と、ボリュームの中にも節点を追加します。

下図は、チェックあり、なしでの違いを示しています。(ピンク色の点が追加された節点を示しています。)

incompleteの有り無し

Use CAD model to curve meshオプション

"Use CAD model to curve mesh"オプションが有効の場合は、境界となる辺や面に追加された節点は、CAD形状に射影されます。無効の場合は、線形に節点が追加されます。

下図は、チェックあり、なしでの違いを示しています。(ピンク色の点が追加された節点を示しています。)

Use CAD model to curve meshのチェック有り無し

添付ファイル: fileuse_cad_model.png 110件 [詳細] fileincomplete.png 116件 [詳細] filehigh_order_tools.png 114件 [詳細] filehigh_order_menu.png 106件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-04-30 (金) 09:34:08 (147d)